2014年5月

  • さわやかな5月

    2014年5月15日
       幼稚園の周りは、まぶしい新緑に囲まれ、自然の豊かさを実感している今日この頃です。
      そして、幼稚園の裏のたけのこ山には淡竹のたけのこがニョキニョキ、の恵みを受け、あっという間に大きくなりました。
       
      どっちが大きいかな?たけのこと背比べ
      「たけのこ探すぞ!!」たけのこ山へGO!!

      草木をかき分けて探します。
      そして、子どもたちは

      こんなにたくさんのたけのこを収穫しました。
      幼稚園に持ち帰りごちそうづくり(ままごと遊び)

      「おいしいスープができたよ。」

      昼食時には、と一緒にたけのこの味噌汁をいただきました。
      たけのこに見て触れて、聞いて嗅いで味わって、五感を働かせ感じられる貴重な体験です。
      そして、旬のものを自分たちの手でとり、食べるという経験が、子どもたちの心の中にため込まれていってほしい。と願っています。

    •  浜松市の環境学習事業Eスイッチプログラムで、指導員の方にもきていただき、じっくりとダンゴ虫とあそびました。
      子どもたちにとって、とても身近なダンゴ虫。知らなかったことを教えていただくと共にいろいろなことに気付いたようです。

      絵本を読んでいただく中で、ダンゴ虫の「オス?メス?」「ごはんは?」「ダンゴ虫は、どんなところが好き?」など子どもたちは、興味を深めて目を輝かせていました。

      幼稚園の中のダンゴ虫の好きそうな場所で探し、一人一匹づつ虫眼鏡のついたケースに入れて観察しました。

      大きく見えるダンゴ虫に大喜び!!

      迷路でレースをしたり、右左の動きを観察したり見て触れて好奇心を刺激されて、目をキラキラさせた時間を過ごしました。
      ‘ダンゴ虫さんの大切なお仕事’を教えていただき、最後には元の場所に戻して「お仕事がんばってね。」とサヨナラしました。(名前を付けていたお友達もいましたよ。)大きな自然界の中で、小さなダンゴ虫が役割を果たす大切な仕事。子どもたちなりにいろいろなことを感じとっていたようです。

    • 4月 その②

      2014年5月1日
         入園式後には、好転に恵まれ幼稚園の園庭には、こいのぼりが泳いでいます。

        風を受けて泳ぐこいのぼりに子どもたちは、大喜び!泳いでいるこいのぼりを掴もうとジャンプ!!

        空に泳ぐこいのぼりだけでなく、保育室に登場した大きなこいのぼり
         早速、こいのぼりのトンネルに入って、お腹の中をハイハイします。

        しっぽから、でたあ!!こいのぼりのお腹のトンネルを初めてくぐって、年少さんもニコニコ)^o^(でした。
         本物のこいのぼりのお腹をくぐるなんて、貴重な体験ですね。

         今年度もよろしくお願いします。‘あわあわ先生’ 
        オイスカ高校での運動遊びに出かけてきました。

         あわあわ先生の話を聞いて、走ったり鬼ごっこをしたり、ボールを投げたり蹴ったり。広いグラウンドの上で思い切り体を動かしました。
        春のお日様の中で、動いていると子どもたちの顔は、キラキラ光っていました。気持ちよかったです。
        ボールを投げるのも思い通りにならず、悪戦苦闘しているお友達もいましたが、いろいろな動きを経験して心も体も大きくたくましくなってほしいですね。
        今年も8回のオイスカ運動遊びを予定しています。

      •  4月その① 平成26年度が始まったと思ったら、4月も終わりとなりました。早いですね
        4月8日入園式です


        お客様もたくさん来てくれて、PTA会長さんのお話も聞きました。

        今日から和地幼稚園のお友達になった15人のお友達。名前を呼ばれて「ハイ」と返事をして、おうちの方に抱っこもしてもらって皆にお顔を見てもらいました。(返事をすると皆さんから温かい拍手いただきました。)

        暖かな春の日差しと風の中、お家の皆さんも一緒に入園記念写真撮影。

         和地幼稚園の仲間になったお友達。たくさん遊んで、お友達とも仲良しになってね。