2013年10月

  •  21日(月)、消防署の方に来ていただき、火災想定の避難訓練を行い、「話をしっかり聞いて素早い避難が、できました。」というお話を聞きました。その後、子どもたちも放水訓練をさせていただきました。
    本物の消防車から繋がるホースから放水し、子どもたちも消防士さんの気分を味わっていたようです。

    「火事が、起きたら・・・」もちろん起きないことが、一番ですが・・・。しかし、非常時を想定しておくことは大事な事ですね。

    消防車のいろいろな‘しかけ’についても教えてもらいました。
    救急車の中も見せてもらったよ。

    緊急出動要請により、消防士さんは、素早く救急服や耐火服に身を包み、出動!
    子どもたちは、あまりの素早さに驚きながら「頑張って!!」と見送っていました。

     消防署の皆様、ありがとうございました。子どもたちは、かっこよく走って出動した消防士さんに憧れの気持ちをもったようで、「大きくなったら、消防車に乗る人になりたい。」というお友達も。ひとつの経験が、子どもたちの夢にもつながっていきます。
  •   台風26号の影響で、一日延期となりましたが、台風一過の17日青空の下、浜松動物園に出掛けてきました。
    みんなで、定期バスで、他のお客さんたちと一緒に乗車させてもらっての遠足です。
    身近に走っているに乗る機会は、貴重で、子どもたちは、ウキウキわくわく

      ちょっぴりこわそうなつくし組さん
    ちょっぴりこわそうにふれる、つくし組さん
    動物園では、‘ふれあい動物園’で動物にふれたり、たくさんの動物を見たりして、とってもとっても楽しい時間を過ごしてきました。

    キリンが、近づいてくれて大喜びのどんぐり組さん
    それぞれの動物の名前を見つけて、ゾウには「ハマコさん。」呼びかけていました。

    水槽の中を泳ぐカワウソにくぎ付けのたけのこ組さん
    あまりの素早い泳ぎに感心しきっている様子でした。

  •   6月に子どもたちが植えたサツマイモの苗が、成長して収穫の時期を迎え、入園前の‘ちっちゃいこクラブ’のお友達も一緒にお芋ほりを楽しみました。

    「おいも、どこかなあ?」(ちっちゃいこクラブの子たちも、土を掘っています。

    「あっ 見つけた!おいもあったよ!」
    見つけたお芋を土の中から取り出すのに必死です!
    「うんとこしょどっこいしょ!」の声もどこからともなく聞こえましたよ。


    「こんなに大きなおいもがとれたよ。」
    土の中からサツマイモが、現れるとみんな大喜びです!

  •  9月28日(土)に平成25年度運動会が、見事な秋晴れの下、行われました。
    今年度のテーマは、‘みんな大好き!わじっこ運動会’お友達やお家の人、地域の皆さん、子どもたちが、大好きな人たちと力いっぱい運動会に参加しました。

    オープニングでは、全員でパラバルーンの演技を披露しました。力と気持ちを合わせて大きく膨らませます。
     最後の花火も見事に決まりました。

    開会式には、みんなで体操1,2,3
     
    子どもたちだけでなく、おうちのみなさん、お客様も「ご一緒に!」『ちゃんと しゃんと ゴー!』をやったよ。