2012年12月



  • クリスマスツリーの飾りつけ・・・・
    みんな嬉しそうです。

    「ツリーを飾るとサンタさんが来るよ!」信じる心、夢見る心をいつまでも
    持ち続けてほしいです



    わっ!!サンタさんがきたよ!!
    暗いからよくわからないけど・・・・やっぱりサンタさんだぁ
    忙しいサンタさんが帰ってしまった後にもお楽しみはありました
    そうです!!
    世界で一つの自分で作った自分のためのケーキをいただきました



    幸せそうな顔に、こちらまで嬉しくなってしまいます。

    上手に作ったから食べるのがもったいないね
    ケーキ作りボランティアのお母さん方、ありがとうございました
    クリスマス会で素敵なハンドベルと人形劇を見せてくれた文化部の
    お母さん方もありがとうございました
    子どもたちが感動していました
  • 一人一人の成長を見て、感じてもらうことのできる
    生活発表会。子どもたちも、見てもらうことに喜びを感じ
    張り切って、楽しんで練習に取り組み、当日を迎えました。

    舞台の上で最後までやりきる子どもたちに感動を覚え、
    常の保育とは異なる真剣な表情がりりしくもありました。

    そんな子どもたちの様子を紹介します。



    年少児のリズム表現・・・・かわいかったぁ




    年少児の劇ごっこ・・・笑いながら楽しそう堂々としていたよ



    年中児の合奏・・・・真剣な表情リズムが揃っていたね



    年中児のリズム表現・・・ボランティアのお母さんの手づくり衣装が似合っていたね



    年中児の劇遊び・・・迫力ある「さんびきのやぎのがらがらどん」でした大きな声にびっくり



    年長児の合奏・・・たくさんの楽器を使いこなし、気持ちも揃い、音色も揃っていたね



    年長児の劇・・・・「かぐやひめ」は、役になりきって演じてくれたので昔話の世界に引き込まれて
               しまいました。



    衣装も素敵でしたね



    フィナーレは全員です!!

    頑張った子どもたちに拍手  感動をありがとう

    真剣に見て、温かい拍手をたくさんくださった保護者の皆様、来賓の皆様・・・・
    ほんとにありがとうございました。

  • 命の授業

    2012年12月19日
      年長児の保護者と園児参加で命の授業わ行いました。
      助産師の方をお呼びしてのお話と実技です。

      今回、夢をはぐぐむ活動として幼稚園で初めて取り組んでみました。

      幼稚園児なりに自分の体を大切にすることを教えていただくと同時に、
      お母さんに抱っこされ、タイムマシンにのり、お腹にいた頃にもどりました。

      助産師さんが、赤ちゃんがお腹にいる時のお母さんの思いを代弁してくれました。
      静かな語りの中で子どもたちは、自分の生まれる前の
      お父さんや、お母さんの思いを知り、お母さんはお腹に赤ちゃんを宿した時の喜びや、
      無事に生れてきてくれれば・・・という純粋な気持ちに気付くことができました。
      そして、こうして今親子でいることの幸せをそれぞれの親子が感じてくれたようです。



      「生んでくれてありがとう。生まれてくれてありがとう」・・・
      お子さんに恵まれたからこそ味わえる幸せを子育ての中でもたくさん気付いて
      もらえると嬉しいなぁ
    • 待ちに待ったその日がやってきました。
      湖東荘のおじいちゃん、おばあちゃん、地域のボランティアの方、
      幼稚園のボランティアのお母さん、オイスカ専門学校のお兄さん、お姉さん・・・・

      ものすごくたくさんの人たちが、力を合わせたもちつきは、湖東荘、幼稚園の大切な行事です。

      地域の人たちに見守られていることを実感できます。
      子どもたちの出し物を温かい眼差しでみてくださり、たくさんの拍手をいただき
      みんな大満足!!自信に繋がります



      竹太鼓の演奏に大拍手!!「上手!上手!」と声がかかり「出張で演奏しますよ」と勢い余ってマイクを
      通して言ってしまいました



      手を添えてもらってのもちつき体験。とても貴重です。

      そして


      おいしく「ぱくっ!!」スペシャルなおもちの味に大満足!!
      一足早く、お正月が来たような湖東荘でした
    • 年長児がプランターで育てたもち米の収穫をすませ、
      しばらく天日干しをしてカラカラになった後、いよいよもみ取りに挑戦です。




      ペットボトルに入れて、よいしょよいしょとついてみました。
      少しはとれるんだけど・・・・なかなかはかどりません
      それでも根気よくつづけましたさすが年長児です。



      トレーに移して、一粒一粒確認します。
      「あっ、お米こぼれた」「落としちゃだめだよ」と丁寧に作業をしました。

      いつも食べているお米が自分たちの口に入るまでの過程を、園児なりに考えることのできた
      活動となりました

    • ブログがなかなか更新できず申し訳ありませんでした

      更新されない間も和地っ子はとても元気に遊んでいました

      いろいろな経験を積み重ね、たくましく育っている子どもたちです。



      スモーク体験をして、前が見えなくなる事にびっくりしました。
      「火事って怖いね。」子どもたちの感想です。

      その後の避難訓練の真剣さが増しました。



      普段、乗っては困る救急車に乗せてもらい、いろいろな機械についても教えてもらい、
      子どもたちは感心しきり!!

      「大きくなったら、消防署の人になりたい」と夢が膨らんだ経験でした。

      次は、


      年長組さんが作ってくれた動物園に招待してもらい、全園児で遊びました。



      人が乗れる動物を作る「年長さんってすごい
      と年長児への憧れが強まりました。

      招待した年長さんも喜んでくれる様子を見て、大満足でした