COUNTER
合計: 242562
今日: 4
昨日: 143

「和食の日」・「ふるさと給食の日」 献立
11月24日(今年は土曜日)は、「いいにほんしょく」 と読めることから、「和食の日」です。
給食では、「和食の日」と合わせて、地場産物を多く使った「ふるさと給食」の献立を実施しました。 

四葉本日の献立四葉
花ごはん 
花牛乳
花あじフライ
花浜納豆煮
花すまし汁
花みかん



和食は、2013年12月に、ユネスコの無形文化遺産に登録され、日本人が昔から育んできた伝統的な食文化が世界にも認められました。

和食文化は、4つの魅力があります。
①新鮮な食材とその味わいを生かしていること。
②栄養バランスがよく健康的な食生活であること。
③四季のうつろいや自然の美しさを表現していること。
④年中行事(お正月・お月見など)との深いかかわりがあること。

子供たちにも和食のよさを知ってもらうため、給食をもとに和食について、お昼の放送で紹介をしました。

○給食では、和食の基本となる、主食・主菜・副菜・汁物をそろえています。
主食:ごはん・パン・めん(ごはん)
主菜:肉・魚・卵・豆等(あじフライ)
副菜:野菜・きのこ類等(浜納豆煮)
汁物:みそ汁やスープ(すまし汁)

○給食では、和食の味の決め手となる「だし」を丁寧に取ります。
いつもは、さばの削り節で、濃いめのだしをとりますが、今日は、こんぶとかつお節で上品なだしをとりました。
①こんぶをつけておき、沸騰するまで火にかけます。



②沸騰する直前に、昆布を取り出した後、一度沸騰させてかつお節を入れていきます。



③かつお節が沈んだら、丁寧に濾していきます。金色のきれいなだしが取れます。



○給食では、季節の食べ物や浜松市でとれた地元の産物を多く使っています。
今日は、浜松市で昔から食べられてきた浜納豆を使って、煮物を作りました。
浜納豆を入れるとこくが出ておいしくなります。具のしいたけも浜松市産を使用しました。





あじフライは、国産のあじを使用して、サクッとおいしく揚げました。



すまし汁は、こんぶとかつお節でとっただしの香りがよく、浜松市産のみつばを入れて上品な汁になりました。





デザートのみかんは、三ケ日みかんです。



給食を食べた子供たちからは、
「どの献立もおいしかったよ!」
「浜納豆煮は、苦手かと思ったけれど食べてみるとおいしかった。」
「魚がサクサクでおいしかった。」
という声が聞かれました。

給食とあわせて、和食とだしの展示を行いました。
子供たちは、それぞれのにおいをかいで、
「こんぶは海っぽいにおいがする。」
「私は、かつお節のにおいが好き。」と香りを楽しんでいました。



 だしで味わう和食の日の資料を子供たちに配布をしました。
 御家庭でも、食事をしながら、子供と一緒に和食のことをお話ししていただけるとよいです。音符
 また、和食の日だけでなく、毎日の給食でも、地元や季節の食材を使ったり、自然と栄養バランスがよくなる主食・主菜・副菜・汁物をそろえたり、和食のよさを子供たちへ伝えていけたらと思っています。love



| shinzu-e | 08:22 | comments (x) | trackback (x) | 給食 |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019/01 次月>>
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS
このページの先頭へ