COUNTER
合計: 243172
今日: 53
昨日: 168

給食週間最終日  「浜松高校生による和食献立」
今日は、給食週間最終日です。献立テーマは、「和食を知ろう 浜松 高校生による和食献立」です。
四葉本日の献立四葉
花ごはん 
花牛乳
花野菜と豚肉の甘辛炒め
花にんじんしりしり
花おふとみつばのお吸いもの
花みかん


「高校生による和の給食コンテスト」で西部地域の最優秀賞に輝いた献立です。
浜松市の高校生が考えてくれた献立で、浜松市でとれる小松菜やみかんを献立に取り入れています。
さつまいもやにんじん・さやえんどう・みつばなども使った、彩り豊かな献立です。
浜松の小松菜・みつばは、おふとみつばのお吸い物に、デザートには浜松産のみかんを使用しました。




子供たちに人気だった、「野菜と豚肉の甘辛炒め」は、レシピにも掲載しましたので、ぜひ御家庭で作ってみてください。

平成25年に、和食がユネスコ無形文化遺産に登録されました。
ごはんと汁物の組み合わせは、和食の定番です。
汁は、実に、季節の食べ物や地域の食べ物(地場産物)を取り入れたり、栄養を考えていろいろな食べ物を組み合わせたりして、毎日違う味を楽しめますね。love
使う「だし」によっても味が変わります。今日の給食では、さばの削り節とこんぶで、丁寧にだしをとりました。
給食でも、地域でとれる季節ごとの食べ物を、むだなく、季節を感じながらおいしくいただく「和食」を、これからも大切に守っていきたいです。

今日で給食週間の特別献立も終わりです。
栄養バランスのとれた食事が、健やかな成長につながります。
そして、栄養バランスのとれた食事をするためには、いろいろな種類の食べ物を食べることが必要です。
自分の体のことを考えて食べ物を選べるように、今後も食の情報を子供たちへ伝えていけたらと思います。

| shinzu-e-admin | 15:09 | comments (x) | trackback (x) | 給食 |
給食週間4日目「予約給食 楽しく食べよう 肉コース/魚コース」
給食週間4日目の献立テーマは、
「予約給食 楽しく食べよう 肉コース/魚コース」です。
自分の体と好みを考えながら、

星肉コース(ロングハンバーグ・ブルーベリータルト)
星魚コース(ホキスティックフライ・ガトーショコラ)

2つのコースから選んでを予約します。

四葉 本日の献立 四葉

花 せわりロールパン 
花 牛乳
花 ロングハンバーグ/ホキスティックフライ
花 サワーキャベツ
花 豆腐スープ
花 ブルーベリータルト/ガトーショコラ




給食室では、各クラスの予約票を見ながら、肉コース、魚コースに配膳をしました。





肉コースの「ロングハンバーグ」は、鶏肉と豚肉を使ったハンバーグです。
デザートのブルーベリータルトは、ブルーベリーのジャムがのっているタルトで、目の調子をもよくしてくれる働きがあります。

魚コースの「ホキスティックフライ」に使っているホキは、白身のあっさりとした味の魚です。
デザートのガトーショコラは、カカオの風味がよく、カカオには、心を落ち着かせてくれる働きがあります。





みんなで楽しく食べるために、食事のマナーについて、クラスの掲示用資料で紹介をしました。



主菜のハンバーグとホキフライは、パンにはさみやすいように、どちらも細長い形をしているので、子供たちは、上手にはさんでパクパク食べていました。
それぞれ予約したコースでおいしく楽しく食べられたようです。love




| shinzu-e-admin | 14:47 | comments (x) | trackback (x) | 給食 |
給食週間3日目 「まごわやさしい」献立
給食週間3日目の献立テーマは、「和食を知ろう まごわやさしい」献立です。
「まごわやさしい」は、昔から日本で食べられてきた和食で使う食べ物の、最初の文字をならべた言葉です。
「まごわやさしい」の食べ物が、1回の食事でそろうと、体に必要な栄養をバランスよくとることができます。

ま : まめ
ご : ごまなどの種実
わ : わかめなどの海そう
や : やさい
さ : さかな
し : しいたけなどのきのこ
い : いも


四葉本日の献立四葉
花ごはん 
花牛乳
花 さばの塩焼き
花ひじきの炒め煮
花実だくさん汁


給食の献立に使われている「まごわやさしい」の食品を、放送で紹介しました。
子供たちは、自分の給食にそろっているか探していました。  
ま:大豆   乾燥大豆をふっくら煮ました。
  
ご:ごま  

わ:ひじき  県内産のひじきを使いました。

や:大根、にんじん、葉ねぎ   浜松産のだいこん、葉ねぎが入りました。

さ:さば    頭の働きをよくする栄養を含む青魚です。
 
し:しいたけ  静岡県産の生しいたけです。

い:さといも 


実だくさん汁は、だいこん、にんじん、葉ねぎ、しいたけ、さといもを使用し、野菜たっぷりで体も温まる汁ができました。

和食の献立でしたが、子供たちは、「ひじきっておいしいね。」「汁の野菜も食べられるよ。」としっかり食べていました。

「まごわやさしい」食べ物には、健康な体をつくるために大切な栄養がいっぱいです!
毎日食事に意識して取り入れていけるといいですね。 音符
| shinzu-e-admin | 14:08 | comments (x) | trackback (x) | 給食 |
給食週間2日目 「野菜を食べよう 食物せんいの大切さ」の献立
おなかの調子を整える働きがある「食物せんい」は、野菜やきのこ、豆・豆製品、海藻やいも、くだものなどに多く含まれています。
今日の献立では、野菜の中でも食物せんいが豊富な「ごぼう」や「セロリー」を使いました。

四葉本日の献立四葉
花ソフトめん 
花牛乳
花ミートソース
花ごぼうのカリカリ揚げ
花セロリーのサラダ
四葉ネーブル


ごぼうは、子供たちに食べやすいように、今日は、千切りにして、カリッと揚げました。


スナックのような感覚でおいしく食べられて、子供たちに人気のメニューでした。
「ごぼうのカリカリ揚げ」のレシピを載せたので、御家庭でもぜひ作ってみてください。

朝、八百屋さんから浜松市産の新鮮なセロリーと大根が届きました。


地場産物のセロリーと大根は、さっぱりとしたサラダに仕上げました。
セロリーが苦手子供も多いですが、「今日のサラダは食べられる。」と言ってよく食べていました。
給食室では、セロリーをさっと茹でたあとに、塩でもんでから、ドレッシングで和えます。そうすると、臭みも気にならず食べられます。

「セロリーのサラダ」のレシピは、今月の給食だよりに掲載されています。音符

子供たちに人気のミートソースにも、食物せんいが豊富なたまねぎ、にんじんのほかに、レンズ豆という豆も入っています。



今日の献立では、献立テーマのとおり、全部食べると、約1日の半分の食物せんいがとれます。
日本人は、毎日の食事で食物せんいが不足していると言われています。
食物せんいをしっかりとることは、将来の病気の予防にも役立ちます。
食物せんいを多く含む食べ物が使われているおかず(副菜)やくだものを、残さず食べることが大切です。
日ごろから、野菜をとる習慣をつけられるとよいですね。

| shinzu-e-admin | 14:24 | comments (x) | trackback (x) | 給食 |
給食週間1日目 よくかんで食べよう献立
給食週間が始まりました。
給食週間の献立のテーマは「ちゃんと食べよう!みんな健康 しあわせ浜松 ~心も体も元気になろう~」です。 1日ごとに献立のテーマを決めて、実施していきます。

1日目の献立テーマは「よくかんで食べよう」です。

四葉本日の献立四葉
花 じさんごはん 
花 牛乳
花 ししゃものす揚げ
花 ごまみそ煮
花 きゅうちゃんづけ
花 お茶豆




よくかんで食べてもらえるように、今日の献立には、カミカミメニューを3つ取り入れました。
ししゃものす揚げ、きゅうちゃんづけ、お茶豆です。







子供たちは、「きゅうりがおいしい!」、「ししゃもは頭から食べるよ。」、「お茶豆、おいしいからまた出してほしい。」と言って、どれもよくかみながら食べていました。
インフルエンザでお休みが多いクラスも、どのおかずもよく食べていました。

星かむことの3つの効果

にぱっ 歯の病気予防:よくかむことで、口の中のそうじをしてくれる「だ液」がたくさん出て、むし歯や歯の病気を防ぎます。

にぱっ 脳の働きをよくする:あごの筋肉を動かすことで、血のめぐりがよくなり、脳の働きもよくなります。

にぱっ 食べすぎを防ぐ:よくかんでゆっくり食べると、満腹と感じられ、食べすぎを防ぐことができます。これが、肥満の予防にもつながります。

よくかむとその他にもよいことがたくさんあります。
1口30回が、よくかむ目安です。
給食だけでなく、家の食事でも、かむことを意識して、よくかんで食べられるといいですね。

| shinzu-e-admin | 15:12 | comments (x) | trackback (x) | 給食 |
「和食の日」・「ふるさと給食の日」 献立
11月24日(今年は土曜日)は、「いいにほんしょく」 と読めることから、「和食の日」です。
給食では、「和食の日」と合わせて、地場産物を多く使った「ふるさと給食」の献立を実施しました。 

四葉本日の献立四葉
花ごはん 
花牛乳
花あじフライ
花浜納豆煮
花すまし汁
花みかん



和食は、2013年12月に、ユネスコの無形文化遺産に登録され、日本人が昔から育んできた伝統的な食文化が世界にも認められました。

和食文化は、4つの魅力があります。
①新鮮な食材とその味わいを生かしていること。
②栄養バランスがよく健康的な食生活であること。
③四季のうつろいや自然の美しさを表現していること。
④年中行事(お正月・お月見など)との深いかかわりがあること。

子供たちにも和食のよさを知ってもらうため、給食をもとに和食について、お昼の放送で紹介をしました。

○給食では、和食の基本となる、主食・主菜・副菜・汁物をそろえています。
主食:ごはん・パン・めん(ごはん)
主菜:肉・魚・卵・豆等(あじフライ)
副菜:野菜・きのこ類等(浜納豆煮)
汁物:みそ汁やスープ(すまし汁)

○給食では、和食の味の決め手となる「だし」を丁寧に取ります。
いつもは、さばの削り節で、濃いめのだしをとりますが、今日は、こんぶとかつお節で上品なだしをとりました。
①こんぶをつけておき、沸騰するまで火にかけます。



②沸騰する直前に、昆布を取り出した後、一度沸騰させてかつお節を入れていきます。



③かつお節が沈んだら、丁寧に濾していきます。金色のきれいなだしが取れます。



○給食では、季節の食べ物や浜松市でとれた地元の産物を多く使っています。
今日は、浜松市で昔から食べられてきた浜納豆を使って、煮物を作りました。
浜納豆を入れるとこくが出ておいしくなります。具のしいたけも浜松市産を使用しました。





あじフライは、国産のあじを使用して、サクッとおいしく揚げました。



すまし汁は、こんぶとかつお節でとっただしの香りがよく、浜松市産のみつばを入れて上品な汁になりました。





デザートのみかんは、三ケ日みかんです。



給食を食べた子供たちからは、
「どの献立もおいしかったよ!」
「浜納豆煮は、苦手かと思ったけれど食べてみるとおいしかった。」
「魚がサクサクでおいしかった。」
という声が聞かれました。

給食とあわせて、和食とだしの展示を行いました。
子供たちは、それぞれのにおいをかいで、
「こんぶは海っぽいにおいがする。」
「私は、かつお節のにおいが好き。」と香りを楽しんでいました。



 だしで味わう和食の日の資料を子供たちに配布をしました。
 御家庭でも、食事をしながら、子供と一緒に和食のことをお話ししていただけるとよいです。音符
 また、和食の日だけでなく、毎日の給食でも、地元や季節の食材を使ったり、自然と栄養バランスがよくなる主食・主菜・副菜・汁物をそろえたり、和食のよさを子供たちへ伝えていけたらと思っています。love



| shinzu-e | 08:22 | comments (x) | trackback (x) | 給食 |
ふるさと給食の日(やら米かごはん・緑茶)
今日は、ふるさとの食べ物をたくさん使った「ふるさと給食の日」です。 音符

四葉 本日の献立 四葉
花 ご飯(やら米か)
花 緑茶
花 三方原じゃがいもコロッケ
花 ひじきの炒め煮
花 切り干し大根のみそ汁
花 みかんタルト




10月22日と本日のご飯は、「やら米か」というご飯でした。
「やら米か」とは、浜松で生まれたブランド米です。特別栽培米と言って、化学農薬と化学肥料の使用を抑えて、お米を食べる人にも、田んぼの中やまわりで暮らす生き物にも、田んぼの水が流れこむ川や湖にも優しく栽培しています。
さらに、収穫したお米の中から、国の厳しい検査(玄米のたんぱく質の量が7%未満で、農産物検査が1級のもの など)に合格したおいしいお米だけが「やら米か」として認められます。
「やら米か」は、とてもおいしいので、日本航空(JAL)の飛行機の国内線のファーストクラスの機内食でも10月に使われているそうです。

そのお米を食べて子供たちは、「もちもちしておいしい。」「いつもより甘い味がする。」と言っておいしく食べていました。



また、いつもの牛乳の代わりに、浜松産の緑茶がつきました。お茶
浜松茶は他でとれたお茶と比べて全体的に味が濃く、色もよくでるのが特徴です。味が濃いため、少し苦味を感じますが、浜松茶の特徴です。
実は、味が濃いということは、お茶のカテキンという栄養が多いということで、体には、うれしいことがあります。 
緑茶のよい効果を子供たちにも放送で紹介をしました。
お茶に含まれる栄養には、眠気を覚まし頭をすっきりさせたり、虫歯を防いでくれたり、かぜを防いだり、よいことがたくさんあります。

子供たちからは、特に1・2年生は、「少し苦かった。」という感想がありましたが、「緑茶は好き。」「このお茶はおいしい。」という子供も多く、浜松のお茶を味わって飲むことができたようです。



浜松の三方原じゃがいもを使用したコロッケ





浜松産の小松菜、静岡県産の切り干し大根を使用したみそ汁



浜松産の葉ねぎ、静岡県産のひじきを使用したひじきの炒め煮





静岡県産のお米とみかんを使用したタルト 



どの献立も好評で、地元の食べ物を味わうことができました。 音符

| shinzu-e | 14:40 | comments (x) | trackback (x) | 給食 |
目の愛護デー 献立
10月10日は「目の愛護デー」です。にこっ
10と10を縦にすると、目の形になるからだそうです。
今日は、目の愛護デー献立を実施しました。

四葉 本日の献立 四葉
花 食パン
花 牛乳
花 さばのカレー揚げ
花 だいこんサラダ
花 かぼちゃのミルクスープ
花 ブルーベリーゼリー




今日の給食に出てくる、かぼちゃ、パセリなどに多いビタミンA、サバに含まれるビタミンB2やビタミンDは、目の調子を調えてくれます。
デザートのブルーベリーにも目によい栄養があります。

かぼちゃとパセリは、かぼちゃのミルクスープに使用しました。
たまねぎと、かぼちゃを煮て、何回もミキサーにかけて、なめらかな口当たりにしました。
牛乳と合わせて、かぼちゃとたまねぎの自然の甘味がおいしいまろやかなミルクスープに仕上がりました。
子供たちは、パンにスープをつけて、「スープがおいしい。」「スープにつけるとパンがいっぱい食べられる。」と言ってもぐもぐ食べていました。





さばのカレー揚げは、片栗粉をつけたさばを揚げて、塩・カレー粉をふりました。
さばは、静岡県の漁港(焼津)で水揚げされたごまさばで、脂がのっておいしいさばでした。
カレーの風味が子供たちに人気で、魚もしっかり食べられていました。





デザートのブルーベリーゼリーは、ブルーベリーの実が3~4個入ったゼリーです。
ちょうど暑い日だったため、ひんやりしたデザートが子供たちに喜ばれました。



日本人の半分程度(55%)の人がコンタクトレンズかめがねを使用しているそうです。
人は目から、たくさんの情報を毎日読みとっています。
とても大切な目、バランスよく食事をとって、疲れたら遠くの山を見たり、緑を見たりして休めてくださいね
love

| shinzu-e | 14:05 | comments (x) | trackback (x) | 給食 |
給食 アルゼンチン献立
3日から給食が始まりました。
教室は、まだ暑い中ですが、子供たちはもりもり給食を食べてくれていて、給食室ではとてもうれしく思っています。音符

本日は、世界の料理「アルゼンチン献立」を実施しました。

四葉 本日の献立 四葉
花 背割りロールパン
花 牛乳
花 ロクロ
花 チョリパン
花 ボイルキャベツ
花 ぶどうゼリー




今年の10月にアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスで第3回夏季ユースオリンピックが開催されます。
ユースとは、14歳から18歳の若い世代向けのオリンピックです。
それにちなんで、給食でもアルゼンチン料理を取り入れました。

アルゼンチンは、日本の反対側に位置します。
暑い国で、肉料理などが人気です。
少し辛味が効いたチョリソーというソーセージをパンに挟んだ「チョリパン」がよく食べられています。
給食では、辛味は効かせず、ソーセージに手作りトマトソースをかけました。
子供たちは、パンにソーセージを上手にはさみ、チョリパンを作って、おいしそうにほうばっていました。



「ロクロ」は、野菜と豆類を煮込んだスープです。
給食では、白いんげん豆と、かぼちゃ、にんじん、たまねぎ、とうもろこしなどの野菜を一緒に煮込みました。
塩とこしょうのあっさりした味付けでしたが、かぼちゃやとうもろこしから甘味が出て、子供たちにも好評のスープでした。



アルゼンチンでは、ワイン用のぶどうが多く作られています。デザートのぶどうゼリーは、今日のような暑い日には大人気でした。
サッカーが好きで知っている子供もいましたが、子供たちにとってアルゼンチンは、聞き慣れない国のようでした。
でも、アルゼンチン献立は、おいしく食べられたようです。

2学期も、まだまだ暑いですが、給食を食べて元気に過ごしてもらえるとよいです。音符

| shinzu-e | 08:15 | comments (x) | trackback (x) | 給食 |
行事食「土用の丑」献立 ♪
四葉 本日の献立 四葉

花 米飯
花 牛乳
花 うなぎの蒲焼き
花 ごまあえ
花 すまし汁




今日は、「土用の丑」の行事食として、うなぎの蒲焼きです。
昔から、暑さが厳しくなる「土用の丑の日」にうなぎを食べる習慣があります。
これは、暑さで食欲がなくなり、さっぱりした食事になりがちになるため、うなぎでスタミナをつけ、夏ばてしないようにするためです。
うなぎは、ビタミンAやビタミンB群が多く含まれ、食欲を増し、疲労回復に役立ちます。
給食室では、浜名湖産のうなぎを一度蒸してから、手作りのたれで柔らかく煮ました。





うなぎは、身がやわらかく、「また食べたい!」という声が多くありました。
しょうゆ、さとう、みりん、酒を合わせて作るたれは、ごはんにかける子供もおり、大人気の献立でした。



だしをしっかりとって、香りのよい浜松産のみつばを浮かべたすまし汁も好評でした。







子供たちは、暑い中ですが、うなぎと一緒にごはんやおかずをしっかり食べていました。


今年は、土用の丑の日が、7月20日(金)と8月1日(水)と2回あります。
うなぎだけでなく、食事をしっかり食べて、夏の暑さを乗り切りましょう!


| shinzu-e | 16:12 | comments (x) | trackback (x) | 給食 |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019/01 次月>>
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS
このページの先頭へ