• 発達支援教育研修Ⅷ

    2019年12月5日

       12月5日(木)に浜松市立都田南小学校を会場に行われた発達支援教育研修では、授業実践を通して、子どもの支援の在り方について学んだことを、発達医療総合福祉センターの先生を交えてグループで協議しました。協議の中では、医師や臨床心理士の方から直接助言をいただける機会として大変有意義な時間となりました。

    • 浜松教師塾

      2019年12月2日

         教育環境日本一の浜松の取組のメインとして掲げられている浜松教師塾は、浜松市長のマニュフェスト「こども第一主義」の実現のための取組として全国に先駆けて産声をあげ本年度で12年目となりました。

         

         浜松教師塾は、「師範のような教師になりたい」「塾生に自分が学んだことを伝えたい」と思う師弟関係を育む中で、確かな指導技術を身に付け、第3次浜松市教育総合計画「目指す教職員の姿」にある「愛情と情熱を持ち続ける教職員」「専門性と指導力を磨き続ける教職員」を育てることを目指しています。

         

         1年間の取組で具体的な成果が示せるよう、塾ごとに視点を明らかにし授業公開や協議を行っています。

         

         

      •  11月22日(金)の各教科等授業改善研修【体育科・保健体育科】では、帝京大学の高田彬成先生(元教科調査官)に来ていただきました。新学習指導要領完全実施に向けて、授業の進め方や評価等について御講義いただき、「主体的・対話的で深い学び」の授業イメージを共有する演習を行いました。この研修を通して、体育科・保健体育科の授業イメージを確認し、指導者としての力量を高めることができました。

      • 免許状更新講習Ⅴ

        2019年11月2日

           浜松市教育委員会が主催する教員免許状更新講習が、浜松市教育センター、教育会館、浜北文化センターにて行われました。今回は、選択領域の4つの講座を行い、教員としての資質向上を図る314名の先生方が講習を受講しました。

        •  初任者研修として、10月17日(木)と24日(木)には幼稚園実習を市内各園で実施しました。

           初任者にとっては、幼稚園訪問は初めてであり、子どもの学びのつながりを知るよい機会となりました。幼稚園の先生からは子どもに寄り添うことの大切さや声掛けの仕方、事前指導のこつなどを学ぶことができ、笑顔があふれる研修となりました。

        • 免許状更新講習Ⅳ

          2019年10月19日

             10月19日(土)の免許状更新講習は、浜北文化センター、浜松市教育会館、浜松市教育センターの3会場にて実施しました。「各教科学習指導法講座」「教育の情報化講座」「養護教育講座」「食育講座」を行い、教科や情報教育の指導法について、最新の情報を獲得することができました。

          •  10月3日(木)と10日(木)の初任者研修では、代表者による授業公開を各学校にて行いました。事前に指導案検討や模擬授業を行っての実践であり、授業の内容について深く検討を行うことができました。同じ初任者の授業を参観することで、自分の学級経営や授業づくりについて見直しをするよい機会となりました。

          • 小学校外国語研修Ⅱ

            2019年9月19日
               9月19日(木)に浜松市教育センターで行われた小学校外国語研修Ⅱでは、ALTの先生との対話を通して、授業前後のミーティングにおけるやりとりや授業中のALTへのお願いの仕方などを学びました。ロールプレイを通して英語表現にも慣れ、実用的な研修内容に受講者も大いに満足していました。
               
            •  9月5日(木)浜松市教育会館を会場に初任者研修を実施しました。午前中は、発達支援教育に関する講義を受け、午後からは、中堅教諭等資質向上研修との合同研修を行いました。
               それぞれの研修のねらいの下、中堅教諭からはこれまでの自分の経験から初任者に伝えたいことを考えてアドバイスをし、初任者からは今悩んでいることを相談する姿が見られました。以下、感想を紹介します。
              (初任者の感想)
               中堅の先生方との話す時間がとても有意義な時間だった。10年経ったら、自分もこんな風になるのかなと思いながら聞くことができ、経験ある先生方のお話だったので、具体的で分かりやすかった。2学期始まってすぐで、子供たちの心を落ち着かせる方法、時間の有効的な使い方等、実践してみようと思えるアドバイスをいただけたのでうれしかった。
              (中堅教諭の感想)
               今回の研修で、初任者の課題や困り感を知り、それに対する自分の経験を話したり、アドバイスをしたりすることができた。自分の経験を振り返ることができ、今もなお同じように抱える悩みや課題があることを改めて感じた。
               
            • 保育活動研修

              2019年8月27日
                 8月27日(火)に保育活動研修が浜松市教育センターで行われました。
                 聖隷クリストファー大学社会福祉学部こども教育福祉学科准教授 和久田 佳代先生をお迎えして、発育発達過程に沿った運動遊びについて研修をしました。講義、実技を通して、幼児の感性や創造を育む保育活動の指導技術を高めることができました。