CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<Back 2019年02月 Next>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
POWERED BY
script by Blogn+
skin by vivid*face
OTHER
□ RSS 1.0
□ 処理時間 0.590235秒
SEARCH

体育の研究授業がありました
今週、飛翔館にて、柔道の研究授業が行われました。

武道は日本の伝統文化ではありますが、小学校の体育授業には無い領域です。

中学校で初めて学ぶ内容なので、基本動作と基本技の確実な習得と、
相手の動きに合わせた攻防の展開が求められる、難しい領域でもあります。

伝統・思考・技能・知識をどのように生徒に教えるか…
学校教育の中では大きな関心が向けられています。

そんな柔道研究授業の流れをご紹介します。

* * * * * * *

武道は礼に始まり、礼に終わります。



手首・首などのストレッチは入念に行い、
基本形を一つ一つ確認しながら進めます。



手本のビデオを見ながら、技のポイントを自分で見つけていきます。





チェックシートを活用し、「受」からの視点だけでなく、客観的な視点を養います。



グループに分かれ、体落とし・大腰・大内刈りの練習を行います。



タブレットも活用し、技の確認・復習もしっかりと。



動作をビデオで撮影し、チェックシートも用いて、
グループみんなで改善点を発見しアドバイスし合います。



この作業は人間関係の形成にも大きく役立ちます。

そして、気付いたことやアドバイスの内容を学習カードにまとめ、
知識と理解を深めていきます。



最後は、共に勝敗を競い、技を磨き合う相手を敬う心も大切に…



普段は賑やかで楽しい雰囲気の子どもたちですが、
道着に身を包み伝統武道を学ぶ姿は、とても凜々しくて素敵ですオッケー

| 日々の様子 | 01:16 PM | comments (x) | trackback (x) |

<<NEXT  PAGETOP  BACK>>

本サイトのデータの無断転用を禁止します。