2019年3月

  • 離任式

    2019年3月29日
       平成30年度末人事異動により、10名の職員が異動することになり、27日(水)に離任式が行われました。校長から、転任される先生方の紹介の後、お一人お一人から最後のお話を伺いました。長い職員で7年、短い職員で1年、同じ学び舎で過ごした日々を振り返りながら、力強いメッセージを受け取りました。この日の校歌斉唱では、誰もが大きく口を開け、体育館いっぱいに歌声を響かせました。それは、互いの胸の奥底まで響くエールのようでした。転任する先生方におかれましては、新天地で存分に力を発揮し、お元気に御活躍ください。
       転任者を含め、職員一同、保護者の皆様や地域の皆様の温かい御支援をもちまして、充実した日々を送ることができました。本当にありがとうございました。

       
    • 修了式

      2019年3月20日
         3月20日(水)、平成30年度修了式を迎えました。1、2年生は、1年間を省みて、目標を新たにし、新年度を迎えてほしいと願っています。それぞれの学年の代表生徒が1年間の反省と新年度への意欲を述べました。充実した春休みを過ごしてください。

         
      • 卒業証書授与式

        2019年3月19日
           3月19日(火)、うららかな陽光が差し込む朝を迎えたこの日、第41回卒業証書授与式が挙行されました。3年間の節目ごとに記してきた「みんなのやる木」を背景に、緊張した面持ちで卒業生が入場しました。卒業生の凜とした立ち居振る舞いや在校生の歌声や態度に、生徒たちの確かな成長を感じます。「卒業生を送ることば」に涙し、「門出のことば」で地域の皆様や保護者に感謝の意を表す姿が強く印象に残りました。卒業生80名の門出を祝い、御列席いただきました皆様、本当にありがとうございました。卒業生たちの未来に幸多かれ。

           
           
           
           
           
        •  3月13日(水)、2年生が「ボトルキャップ積み大会」と題して、班対抗の学年レクリエーションを行いました。ペットボトルのふたを時間内にどれだけ積み上げられるかを競い合いました。生徒たちは、一番安定した積み上げ方を考え試行しながら、一心不乱に取り組みました。予選リーグの最高は、31個。決勝は、30個でした。2年生の集中力と忍耐強さにあっぱれです。

           
           
        •  3月12日(火)、クリエート浜松にて、浜松市児童生徒文化・スポーツ賞の授与式がありました。本校の吹奏楽部が表彰され、代表生徒が鈴木市長から表彰状を受けました。この賞は、文化活動やスポーツ大会で優秀な成績を収めた小中学生をたたえ贈られるものです。吹奏楽部のみなさん、おめでとうございます。

           
        • 3年生を送る会

          2019年3月12日
             3月12日(火)、3年生を送る会が開かれました。オープニングは、生徒会役員による寸劇です。コミカルな演技に、生徒たちは大爆笑でした。3年生の心をつかんだ後は、生徒会企画のクイズです。「3年間で1番、身長が伸びたのは・・・?」なんと、最も伸びた生徒で、23.8センチでした。成長期とはいえ、すごい伸びです。各部活の1・2年生からのメッセージに続いて思い出のスライドが流れ、3年間を振り返りました。生徒会役員をはじめ、1・2年生のみなさんの敬意や感謝の気持ち、温かさに満ちあふれた心づくしの会でした。
             特別企画として、卒業生である、Kaiさんをお招きし、手品やバルーンアートなどのパフォーマンスを披露していただきました。次から次へと繰り出される手品に、生徒たちは釘付けでした。「やりたいと思ったことを、思い切ってやりましょう!」と力強いエールをいただきました。Kaiさん、本当にありがとうございました。

             
             
             
             
          • アルミ缶タワー

            2019年3月11日
               3月11日(月)、1年生で第4回永田杯学級対抗戦が行われました。今回は、「集中!アルミ缶タワー建築」と題して、アルミ缶積み競争を実施しました。時間内に積み上げたアルミ缶の数を競い合いましたが、どのグループも注意深く慎重に積み上げていました。最高得点である赤印の缶にチャレンジしたグループもあり、白熱した闘いが繰り広げられました。生徒たちの真剣に頑張っている姿が輝き、笑顔が素敵でした。

               
            •  3月8日(金)、日本語教室「はまっこ」の修了式が行われました。生徒全員が努力賞を授与された後、緊張した面持ちで作文を発表しました。「はまっこ」教室で学んだ日本語力を生かし、たどたどしくはあるものの、思い出に残った出来事や自分の夢について、はっきりと述べていました。発表を聞いて、日本語の上達ぶりに驚くとともに、それぞれの率直な思いに大きな感動を覚えました。生徒たちの限りない可能性に勇気づけられたひとときでした。講師の先生方、1年間、本当にありがとうございました。

               
            • 1年 卓球

              2019年3月7日
                 3学期、1年保健体育科の授業では、卓球を学習しました。最初の頃、ボールが勢いあまって卓球台をオーバーしていましたが、少しずつラリーが続くようになりました。目指せ、張本選手!チョレイ!