2018年11月

  • 調理実習

    2018年11月30日
       11月27日から29日にかけて、2年生の技術・家庭科で肉料理を題材に、煮込みハンバーグの調理実習が行われました。生徒たちは実習計画書を確認しながら、役割分担をして取り組みました。調理が進むにつれ、トマトソースと肉汁のおいしそうなにおいが充満し、笑顔があふれていました。

       
    • 思春期教室

      2018年11月29日
         11月28日(水)、2年生を対象にした思春期教室が開かれました。講師に、石井第一産科婦人科クリニック院長の石井廣重先生をお迎えして、「みんなのこころと体と未来を守るために」というテーマでお話をしてくださいました。生徒たちは、性のことを考えることは、自分や周りの人の命やつながりを考えることだと気づきました。また、赤ちゃんの15%は死んでしまうというお話に、自分たちが今ここにいることはすごいことだと実感し、精一杯生きていかなければと自覚したという感想も聞かれました。

      • 資源物回収

        2018年11月28日
            11月23日(金)、本年度の最後の資源物回収が行われました。多くの資源物が集まり、回収量5,470kg、18,420円の収益がありました。地域の皆様、保護者の皆様、早朝より御協力いただき、本当にありがとうございました。収益金は、よりよい学校づくりのために使わせていただきます。
        • 学校保健週間 ②

          2018年11月27日
             学校保健週間の期間中、昼休みにさまざまなイベントが行われました。姿勢を良くするためのストレッチや昔の体力テスト、保健クイズなどに多くの生徒が参加しました。

             
          • 学校保健週間 ①

            2018年11月26日
               11月19日(月)から22日(木)まで、学校保健週間でした。「自分も相手も大切に ~自分を知ろう~」をテーマに、学校保健委員会や生徒集会などを通して、自分の体や心について学びました。
               期間中、生徒は自己分析テストであるエゴグラムを実施しました。学校保健委員会では、スクールカウンセラーを講師に迎え、エゴグラムの結果を解説していただきました。ここで学んだ内容を保健体育委員が生徒集会で発表し、生徒はエゴグラムの結果を通して、自分の性格や特徴を知ることができました。エゴグラムを通して、自分や相手を知り、よりよいコミュニケーションに生かすことができるとよいと思います。

            • 災害図上訓練

              2018年11月22日
                 11月22日(木)、防災学習の一環として、南区振興課から講師をお招きし、1年生で災害図上(DIG)訓練を行いました。災害における地域の強みや弱みを分析し、危険な箇所を確認する訓練です。生徒たちは、自宅から学校までの避難場所や避難経路、危険個所などを白地図上に書き込みながら、地域の様子を確認しました。登校途中や在宅している時に地震が起きたら、どのように行動すればよいのかを考える機会となりました。

                 
              • 1年生 進路学習

                2018年11月21日
                  11月19日に1年生は進路学習を行いました。
                  学年主任が、車のタイヤやヘッドライトの部品を見せながら、タイヤなどの部品を作るためには多くの仕事があることや、車を安全に走らせるためには整備士などの仕事が関わっていることを話しました。




                  生徒は1つの物にも数多くの仕事が関わっていることに改めて気がつき、教室に戻ってから配付された『進路の手引き』を見ながら自分の進路について考えている様子でした。
                • 期末テスト

                  2018年11月15日
                     11月15日、16日と2学期の期末テストが行われています。日頃の学習の成果を十分に発揮してほしいです。

                     
                  • いい声掛けデー

                    2018年11月9日
                       11月9日(金)朝、「ひとりひとりにいい声掛けデー」の活動が行われました。地域や保護者の皆様の御協力をいただき、校区内のいたる所で、「おはようございます」のあいさつが響きました。皆様のおかげで、校区で172名の参加がありました。今後も、多くの目で子どもたちを見守っていただければ幸いです。本当にありがとうございました。

                       
                    •  11月5日(月)より、浜松特別支援学校の生徒のみなさんによる作品が、職員室前廊下に展示されています。交流学習の一環として毎年実施しているイベントですが、ペーパークラフトや革製品、小物入れなど、どの作品も美しい仕上がりでデザイン性も高く、驚くばかりです。