2018年7月

  •  7月31日、浜松市音楽研究発表会がアクトシティ大ホールで開かれました。本校は、吹奏楽部員と有志による合唱団が参加し、合唱曲「時の旅人」を発表しました。6月から練習を積み重ね、美しいハーモニーを披露し、聴衆の皆様から大きな拍手をいただきました。

  • 進路講話

    2018年7月18日
       3年生では、進路選択・決定に向けての意識を高めることをねらいとした進路講話を行いました。浜松南高校、浜松江之島高校、浜松湖南高校から講師としてお一人ずつ先生をお招きし、高等学校の特色、学習や生活についてお話をうかがいました。いろいろと興味深い内容があり、高等学校の生活に魅力を感じた生徒が多かったようです。夏休みには体験入学もあります。自分の目と耳で高等学校の情報を正確につかみ、進路選択に役立てていってほしいです。
       
    •  総合的な学習の時間を使って、職場体験新聞の学年発表会を行いました。各学級から選ばれた4名の生徒が、教材提示装置で自分が書いた新聞をスクリーンに映し、身振り手振りを交えながら発表しました。聞き手に問いかけたり、原稿なしで自分の思いを発表したりするなど、聞くものをひきつける発表となりました。質疑応答では、発表者も聞き手も笑顔でやり取りする場面があり、学年全体の前で自分らしさを発揮できました。
       


    •  今日は「土用の丑」の行事食です。「土用」とは、夏の最も暑い盛りで、立秋までの18日間を言います。その間の丑の日を「土用の丑」といい、今年は7月20日と8月1日です。土用の丑にうなぎを食べる習慣は、江戸時代末期から始まりました。うなぎはビタミン類やたんぱく質、脂肪が豊富なため、夏場のスタミナ源として最適な食べ物です。今日はふるさと給食の日として、「うなぎの蒲焼き」には浜名湖産のうなぎを使用しました。






    • 防災講座

      2018年7月11日
         7月11日、静岡県西部危機管理局から鈴木圭介氏を講師にお迎えして、防災講座が行われました。5月に実施した防災講話を受けて、今回は災害時に直面する様々な状況を想定した災害時判断ゲーム「クロスロード」に取り組みました。与えられた状況の中で、自分はどう行動するのかを理由をつけて説明していく活動です。決断の際にジレンマを抱かせる状況設定ばかりでしたが、グループ内の様々な考えや価値観を共有することができました。活動を通して、まずは自分の命を守ることを最優先に考えること、一人だけで無理をしないことなど、災害時の心得について学ぶことができました。

         
      •  7月11日、3年英語科の授業にオーストリアから来日したマイコ・リップリンガーさんをゲストにお迎えしました。インタビュー活動を通して、音楽家としての活躍の様子や来日目的などを聞き取ることができました。また、折り紙やけん玉まど実演を交えて日本文化を紹介し、ゲストに日本の遊びを体験していただきました。1学期の学習のまとめとして取り組んだ活動でしたが、ドイツ語であいさつや自己紹介をしたりして、楽しく交流することができました。

          
      • 七夕

        2018年7月6日
          今日は7月6日。七夕が近づいています。江南中学校の各学年では七夕にあわせて
          短冊に願い事を書きました。3年生は学習や進路のこと、1,2年生は学習だけでなく部活のことを書いている生徒が多かったです。
          願いが叶うといいですね。努力も忘れないでください!
            
        •  大平台高校定時制 加藤剛史教頭先生をお招きし、外国人生徒・保護者会を開催しました。高等学校のしくみや入試のことなど、加藤教頭先生から丁寧に説明をしていただきました。会場には、スペイン語通訳の伊達先生とポルトガル語通訳の黒田先生にも参加をしていただき、加藤先生のお話を同時通訳していただきました。生徒も保護者も真剣に耳を傾けていました。
        • 立会演説会

          2018年7月4日
             江南中学校第55代生徒会長を決めるために、立会演説会および投票が行われました。2年生から3名が立候補し、3名ともすばらしい演説をしました。全校生徒を前に話をするのはとても緊張することだと思いますが、できる限り前を向き、みんなの顔を見ながら堂々と自分の方針を訴えました。また、それぞれの立候補者に責任者が1名ずつ応援演説を行いましたが、その3人も、聴き手を惹きつけるすばらしい話しぶりでした。さらに、聴いている生徒たちの態度もたいへん立派でした。演説が終わると、投票です。きっと、どの生徒が生徒会長に選ばれてもしっかりとやり遂げてくれるはずです。