PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH BOX

1年生新聞書き方講座
by kami-j-admin
本日、5時間目に静岡新聞の鈴木さんを講師にお招きし、新聞の書き方講座が行われました。
1年生では10月下旬から興味のある職業について調べています。
最終的に新聞形式でまとめるため、今回のお話は生徒にとってとても学びの多い時間になったのではないでしょうか。
講座では、新聞ができるまでの過程が分かるDVDを見たり、新聞づくりで大切なポイントなどを聞いたりすることができました。
このお話を通して学んだことを来週から始まる新聞づくりに生かしていけるといいですね。




ニュースのジャンルについても知ることが出来ました。


5W1H(Who,When,Where,What,Why,How)を使うと良いことも知れました。

5W1Hを使って記者になりきるロールプレイも行われました。




|| 18:33 | comments (x) | trackback (x) | ||
思春期講座
by kami-j-admin
こんばんは。
本日は1年生で外部から講師を招き、思春期講座が行われました。
いのちがどうやって誕生するかなど、図や、赤ちゃんの人形などを用いて、分かりやすく説明してくださいました。
みなさん、どんなことを感じたでしょうか。









講義の合間には、お子さんのいる職員の経験談も紹介されました。




やはり、普段から赤ちゃんを抱いている人は違いますね。


|| 19:40 | comments (x) | trackback (x) | ||
2年生 マナー講座
by kami-j-admin
来る20日~22日の職場体験に向けて、
2年生ははましんから今坂さん、清水さんをお招きし、
マナー講座を行いました。



そもそも、なぜ人は働くのでしょうか。
2年生は今まで何度もその問いかけをされてきました。
今坂さんもまた、複数の答えをくださいました。
収入を得るため、所属するため、
成長するため、社会に貢献するため。
社会に出てからも多くの勉強をしたという言葉に、
生徒たちは驚いている様子でした。

また、社会で最も求められている人材は
コミュニケーション能力のある人材とのことで、
様々な面においてのコミュニケーションに関するマナーを
教えていただきました。

発声。返事は「はいっ」。
腹式呼吸で、はっきりと挨拶。


おじぎ。
会釈、普通礼、丁寧なおじぎで角度が違います。
30°の普通礼は極めたいですね。


言葉遣い。
敬語のテストをした際、
筆記試験では100%近くでも、
ロールプレイングテストでは60%になってしまうということを知りました。
確かに会話の中では気が抜けやすいですよね。
気をつけなければ。


今回の学びを生かして、
それぞれにとっていい職場体験をしてきてほしいですね。

|| 19:45 | comments (x) | trackback (x) | ||
道徳の授業風景
by kami-j-admin
本日の2年生の道徳では、
各クラスの課題を考えるなどし、よりよい生き方を見つめました。


その人に付随した情報で、その人を見る目が変わってしまっていませんか。
その人自身は何も変わっていないのに、
情報を得る前と得る後で変わってしまっていることはありませんか。
それによってその人が離れてしまった後では、どうすることもできません。


考え、話し合うことで自分の考えを深めました。
彼女は一体どうすればよかったのでしょうか……。


「注意する」ということは、どういうことなのでしょうか。
学校生活では、たくさん注意し、注意される機会があります。
なぜ注意しようという気持ちになるのでしょう。
なぜ注意されると不快な気持ちになるのでしょう。
どういう気持ちで注意し、またその注意を受け入れるべきなのでしょう。


合唱コンクールが近くなり、やる気が出てくる中、
「注意する」「注意される」の関係も現れてきます。
いま、その注意にどのような反応を返しているのか、反省しました。
注意してくれて、「ありがとうございます」の気持ちがなければ、
受け入れているとは言えませんよね。



また、注意した人はその後どのようになるのか、想像を膨らませました。
自分であったらどうなるのか、
自分の状況にあてはめながら考えることができました。
注意した人が損をしない関係が作れるといいですね。


学校では、一人一役ということでそれぞれに仕事があります。
一体何のために働くのか。
「お金」「やりがい」「家庭」……「笑顔」。


いい笑顔ですねにかっ
人と一緒に生活していく中では、
必ず何かの仕事を請け負い、分担していかなければいけません。
後期になり、2年生にはリーダーもたくさんいます。
しかし、リーダーに任せきりにせず、協力して生活が送れるといいですね。

|| 19:10 | comments (x) | trackback (x) | ||
2年生 道徳
by kami-j-admin
本日2年生の道徳では、日々を振り返る授業を行いました。

体育大会を経て、優勝できた理由を考えることにより、
文化発表会の合唱コンクールに向けてどのように活動すべきか考えたクラス……。



今までのリーダーの経験をもとに、
リーダーの苦労を考え、どうすればよかったか考えたクラス……。



リーダーとして苦労し、諦めて本番を迎えてしまった物語の語り手に
親友となってアドバイスを考えるクラス……。



男女の平等について、
「たまたま」男/女に生まれただけなのに背負わされるものについて考えたクラス……。



よりよいクラスを目指して、
そして来る合唱コンクールでのよい合唱を目指して、
2年生は奔走していきます。

|| 14:08 | comments (x) | trackback (x) | ||
2年生 薬学講座
by kami-j-admin
本日6時間目、学校薬剤師の川口先生をお招きし、
2年生が薬学講座を行いました。



タバコやアルコールは、ちょっとした気持ちで使い始めると
依存症を起こし、やめられなくなる危険性があることや、
特に未成年は心身ともに発達中であるため、
被害が大きくなることを学びました。




実際に未成年で喫煙・飲酒し、
依存症になってしまった人のインタビューも見ました。
「やめたいけど、どうしても吸いたくなる」
「友達が吸ってるとイライラする」
「朝起きて一番に、お酒を買うお金があるか心配になる」
「一滴でもお酒を飲むと命の危険があると医者に言われた」

体が喫煙・飲酒時が平常状態だと思いこんでしまわないよう、
二十歳になってから、よく考えて付き合うようにしたいですね。

パンフレットを配布しましたので、またご家庭でも話題にしてみてください。


禁煙マラソンについての話もうかがいました。
長期的な禁煙サポートをしているそうです。
https://kinen-marathon.jp/

また、エナジードリンクについても学びました。

コンビニで手に入るので、可美中生にも見たことがある人は多くいました。


実際飲んだことがある生徒は、「ジュースみたいでおいしい」と答えました。

しかし、カフェインが過剰に入っているため、
一日に何本も飲んでしまうと危険なものとなります。
「運動部で、プロになりたい人は飲むべきじゃない」
そもそも高価なものですので、
「CCレモンで我慢しろ」と、野球部顧問の言葉がありました。

|| 20:10 | comments (x) | trackback (x) | ||
2年生 防災マップ作り
by kami-j-admin
5・6時間目の総合の時間を使って、
2年生が夏休みに作ってきた防災マップをまとめました。




それぞれがペンをもち、
どんどん書き込みができていますね。
「これ橋だよ」「ここ危ないよね」「ここにも看板がある」と
会話をしながら進めていました(*・д・)(・д・*)(*・д・)(・д・*)

実際に見た様子、撮ってきた写真を活用しているため、
以前防災講座でやったときのDIG訓練よりも
書き込みがさらに増えました!

一部のグループのものは廊下に掲示します。
また文化発表会の校内展示日にも展示する予定ですので、
是非ご覧になってくださいにかっ

|| 15:44 | comments (x) | trackback (x) | ||
高校1日体験説明会
by kami-j-admin
3年生は夏休み中にある高校1日体験入学の説明会がありました。







熱心に話を聞いていました。

夏の7月31日~各学校を見に行きます。

|| 19:09 | comments (x) | trackback (x) | ||
3年生 薬学講座
by kami-j-admin
3年 薬学講座を6校時に実施しました。
麻薬・覚醒剤などの違法ドラックについて
学校薬剤師 川口先生から詳しくお話を聞きました。



脱法ハーブは、「アロマ」、「お香」、「こおり」など
あたかも「安全」なもののように偽っているため、
インターネットでも簡単に手に入ってしまいます。



持っているだけで,懲役が課せられます。
断る勇気が必要です。1回だけでも,絶対ダメです。



浜松東警察署のスクールサポーター柏谷さんからも
現在の取り締まり状況や、検挙率を伺いました。



覚醒剤で捕まる19歳以下の人が特に多かったです。
先輩や友達から誘われても、絶対に断る、逃げることが大事だと分かりました。

|| 19:30 | comments (x) | trackback (x) | ||
2年生 防災出前講座
by kami-j-admin
本日5・6時間目の総合で、南区振興課の方々をお招きし、2年生が防災マップづくりをしました。
この活動はDIG訓練と呼ばれます。
DIG(ディグ)は、参加者が地図を使って防災対策を検討する訓練です。
Disaster(災害)、Imagination(想像力)、Game(ゲーム)の頭文字を取って命名されました。

まず全体で、地震や津波についてまなびました。

地震が起きたら棚が倒れます。冷蔵庫が倒れます。
テレビが飛びます。ブロック塀が崩れます。
津波が起きたら、家も車も呑み込まれます。
可美地区は、地震発生後30分で津波が到達し、
1時間後には地区のほとんどに浸水しています。

地震発生直後の5分間は揺れています。
では、25分で逃げられますか?
25分で逃げられる自信のない可美中生のために、
20分で逃げるための防災マップをつくりました。




自分の家、3階以上の丈夫な建物、集会所や寺や神社、
太い道、細い道、家が密集している場所、
水路、橋、ブロック塀、古い家などに色分けして印をつけ、
いったいどの道を通ってどこに避難すれば危険を避けられるのか、確認しました。



集会所など人が集まる場所は、避難後に情報を交わすことができます。
また、水路は水が上がってくる可能性がありますし、
その影響で橋が落ちる可能性があります。気をつけたいですね。



最後に、津波から逃げる際に気をつけたいことを付箋で貼り、発表しました。
怪我をしないように落ち着いて行動する、危ない場所は避けて逃げる、といった意見のほか、
津波が来ていることを伝えながら逃げる、困っている人を助ける、助けを呼ぶ、など、
周囲の人と助け合いながら逃げようという意識をもった意見も上がりました。




最後の「20分で逃げられそうですか?」という問いには、たくさんの手が挙がりました。
災害時には中学生が大きな力となります。
常に災害への意識を高めていましょう。

また、学区にはありませんが、
南区には「津波避難タワー」や「津波避難マウンド」などもあります。
日頃からそういう場所も確認しておきたいですね。


遠州浜海浜公園津波避難マウンド


本町浜公園津波避難タワー

|| 15:48 | comments (x) | trackback (x) | ||

CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2018 - 11  >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
    処理時間 0.376997秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット

本サイトのデータの無断転用を禁止します。