2019年5月

  • 6年校外学習

    2019年5月31日
       6年生が養蜂場を見学し、養蜂場の仕事について学習しました。
       子供たちは、職員の方から「ミツバチは、一生で、地球から月までぐらいの距離を飛んでいる。」との話を聞き、とても驚いていました。その他にも、蜂蜜のことで初めて知ることが多く、職員の方の話や、実際に収獲している様子を興味深く聞いたり、見たりしていました。
       また、職員の方から、東日本大震災の復興プロジェクトとして「福島ひまわり里親プロジェクト」の話も聞きました。子供たちは、話を聞き、自分たちも「福島ひまわりプロジェクト」に積極的に関わっていきたいという気持ちが高まったようでした。
       
    • 田植え

      2019年5月30日
         5年生が、学校田で田植えをしました。最初に、地域の方から苗の植え方を説明していただいた後、実際に植えました。田んぼの中を歩くときは、泥に足をとられて、なかなか進むことができずに、悪戦苦闘する子もいましたが、後半になると慣れたのか、手際よく植えることができました。
         5年生は、今後、稲の成長を調べたり、米作りについて学習したりする予定です。
         今回の田植えをするにあたり、地域・保護者の皆様には、多くの御準備、御協力をいただきました。ありがとうございました。
      •  昨日の夜、保護者や地域の方、学校の職員が、救急法講座を行いました。これは、毎年、7月に行われる遠泳大会に備えて、行っているもです。初めに、消防署職員の方から、人工呼吸の仕方やAEDの使い方についての説明を聞いた後、一人一人が実際に実技を行いました。 
         皆さんとても真剣に取り組んでいる様子がうかがえました。

         救急法講座の後、トリムバレーの練習をしました。互いに声を掛け合い、楽しく練習しました。
      • 交通安全を語る会

        2019年5月28日
           5時間目に、「交通安全を語る会」がありました。初めに、講師の方から、自転車走行で気を付けることついて、運動場での実演を基に説明していただきました。子供たちは実際に自動車に多くの死角があり、車の近くでの走行は避けることに気付きました。
           その後、体育館で、伊目地区の危険箇所や、登下校のときに気を付けること等について話し合いました。子供たちは、自分の経験を基に、意見を述べることができました。
           今回の活動をとおして、子供たちは、今まで以上に、学校や日常生活の中で、交通安全を心掛けようとする意識が高まりました。
        •  5時間目に、講師を招き、6年生と、保護者の希望者を対象にした、携帯電話やスマートフォンの安全な使い方についての講話がありました。講師の方から、スマートフォンによるトラブル等の事例について話していただいた後、安全な使い方について説明がありました。
           子供たちは、思わぬところからトラブルに巻き込まれることを知り、驚くとともに、SNS等の安全な使用についての意識が高まりました。
        • 歯科健康教育

          2019年5月25日
             1・3・5年生が、歯科健康教育を行いました。初めに、歯科衛生士の方から、歯の汚れについての説明を聞きました。
             その後、歯垢染色液を使い、自分の歯のどの部分が汚れやすいのかを調べました。歯の裏側や奥歯に汚れが残っていることを確認した後、鏡で確認しながら、歯ブラシで歯を磨きました。
             これからも、子供たちが、健康な歯を保つことができるように、指導していきます。
          • 湖岸清掃

            2019年5月24日
               昨日の5時間目に、湖岸清掃を行いました。
               初めに、体育館で、自然保護委員会主催による「浜名湖を守ろう集会」が行われ、子供たちは、浜名湖に生息している生き物に関するクイズに答えていました。
               その後、海岸へ行き、清掃をしました。先日の大雨により海岸には多くのごみが流れ着いていて、子供たちはその多さに、とても驚いていました。しかし、どの子供もとても真剣にごみを拾っていました。
               これからも、子供たちが、地域の自然を大切にするように支援していきます。
               
            •  3・4時間目に、3・4年生が、社会科学習で「スクール119」を行いました。これは、市内の消防署員の方に来ていただき、消防署員の仕事や消防車・救急車の仕組みについて、学ぶ活動です。子供たちは、職員の話を興味深く聞いていました。その後、運動場で消防車や救急車についての説明を聞きました。初めて救急車の中を見る子供が多く、見学するときには、少し興奮気味の様子でした。
               この学習をとおして、安全なくらしを守るために、様々なところで多くの人々が協力していることに気付くことができました。
            • 図書イベント

              2019年5月22日
                 昨日の昼休みに、図書委員会主催のイベントがありました。図書委員会から、お薦めの図書についてのクイズが出されると、子供たちは、友達と楽しそうに相談しながら、答えを予想する姿が見られました。
                 また、図書室では、1冊読むごとに1つずつスタンプを押していく「図書スタンプラリー」を行っており、子供たちは、スタンプカードを片手に、意欲的に読書をしていました。これからも、読書好きな子供が増えるように支援していきます。
              • おなか元気教室

                2019年5月21日
                   4・5年生が講師を招き、「おなか元気教室」を開きました。講師の方から、胃や腸の仕組みや働きについての説明を聞いた後、全員で、胃や腸を元気にするための体操の仕方を学びました。
                   子供たちは、音楽に合わせて、楽しそうに体操をしました。
                   これからも、自分の健康を考えた生活を心掛けさせるように指導していきます。