2019年2月

  • 6年生を送る会

    2019年2月28日
       3時間目に、6年生を送る会を行いました。各学年の子供たちが、6年生に関わるクイズを出したり、映像で6年間の思い出を振り返ったりして、感謝の気持ちを伝えました。
       最後に、「365日の紙飛行機」の替え歌を合唱しました。心のこもった歌声を聴き、6年生が涙を浮かべている姿が多く見られ、大変感動的な会になりました。






















































































    • 6年保護者

      2019年2月27日
         昨日、6年生保護者が集まり、卒業式に卒業生の胸に飾るコサージュを作るための、講習会を開きました。講師の先生から、作り方を教えていただいた後、実際にコサージュを作りました。できあがったコサージュを見ると、どれも花の数や配置などを考えて、上手にできあがっていました。
         卒業式本番では、保護者の思いが込められた世界に一つだけの素敵な手作りコサージュが、卒業生の胸に飾られていることでしょう。楽しみですね。




























      •  4年生が総合的な学習の時間に、現在の自分の考えや将来なりたい自分、これまでの自分のことなどをファイルにまとめました。どの子供も、なりたい自分の姿を思い浮かべると同時に、そのために、今自分ができることは何かを考えて、まとめました。
         まとめの発表会では、どんな自分になりたいのかについて、子供たちの発表を聞くのが楽しみです。


















      • お魚教室

        2019年2月25日
           3時間目に、お魚教室を行いました。講師の方から、マグロの種類や特徴等について説明をしていただいた後、実際にマグロの各部位を切り分けて、見せていただきました。
           マグロの実物を初めて見る子供が多く、各部位を見せてもらうたびに、驚きの声が上がりました。
           今回の学習をとおして、子供たちの魚についての知識と関心が高まったように感じました。
































        • 3年 理科

          2019年2月22日
             3年理科「ものの重さをしらべよう」の学習で、同じ体積でも、種類が違うと重さが違うことを調べました。最初に、重さの違いの有無について、自分で予想を立てた後、実験しました。
             実験が始まると、子供たちは、予想以上に物の種類によって重さが異なることにとても驚いていました。
























          • お知らせ

            2019年2月22日
            •  4年図画工作科「トントンつないで」の学習で、様々な角材を切り、くぎ打ちをして作品を作りました。
               子供たちは、のごぎりや金づち等の使い方を教えてもらった後、それぞれ思い思いにのこぎりで角材を切り始めました。そして、角材のどの部分に釘を打てば良いのかを、よく考えながら楽しそうに活動に取り組みました。
















            • 2年 国語

              2019年2月20日
                 2年国語「読んだ本のしょうかいをしよう」の学習で、物語「スーホの白い馬」を読み、自分が一番心に強く残った場面について話合いました。子供たちは、心に残った場面とその理由について、友達に伝えました。
                 4月の頃と比べて、文章中の言葉を使い、物語の様子を詳しく説明する場面が多く見られ、子供たちの成長を感じました。






















              • 6年 調理実習

                2019年2月19日
                   6年生家庭科「感謝の気持ちを伝えよう」の学習で、サンドウィッチ作りをしました。6年生は、彩りや栄養のバランスを考えて、上手に調理しました。できあがったサンドウィッチはどれも、おいしくて、食した教師にとても好評でした。




























                •  1年生が、2時間目に道徳、5時間目に国語科の学習をしました。道徳では、自分たちの地域では、どのような年中行事が行われているのかについて学習しました。国語科では、説明文「どうぶつの赤ちゃん」を読み、ライオンやしまうまの赤ちゃんの様子を読み取りました。4月の頃と比べると、授業の中で、自分の考えをきちんと発表したり、大きな声で音読したりする場面を多く見ることができ、成長していることを感じました。