2020年5月

  • 昼休みの風景

    2020年5月29日
      今日の昼休みの様子です。この3日間、弁当持参で保護者のみなさんにはご負担をおかけしましたが、午後まで活動できたことで、遅れていた授業を取り戻せたり、友達と思いっきり遊んだり、係や委員会の仕事をしたりと、子供たちの活躍の場が広がりました。臨時休業中は曇りがちだった子供たちの表情も、今日の天候のように晴れやかになりました。

      来週からは給食が始まり、やっと通常の学校生活に戻ることができます。
      ※ 本校の北側、コンコルド前から鹿谷方面に向かう道路の側溝工事が始まりました。子供たちの登下校に大きな影響はありませんが、片側通行になっていますので、付近を車で通行する際はお気をつけください。
    • 学校再開への第3段階として、昨日(27日)より弁当を食べ、午後の授業や活動がスタートしました。
      中等部は5校時に「部活動紹介」を行いました。これから自分が所属する部活動を選ぶことになる7年生は、先輩からの説明を真剣な表情で聞いていました。

      部活動紹介に続いて、「前期学級委員任命式」を行いました。学級委員一人一人の返事が大変素晴らしく、これからの活躍に期待がもてました。
      ※ 新型コロナウイルス感染症の予防のため、体育館の窓や扉を開けて空気の流れをよくしたり、隣同士の間隔を広くしたりすることで、3密が揃わないように配慮しています。
    • 新型コロナウィルス感染症対策として、子供たちにはマスクの着用を呼びかけています。ところが、このところ日中の気温が上がっており、マスクを着用したまま運動をしていると、十分な呼吸ができなくなったり、熱中症になったりするリスクが高まってきました。

      先日、スポーツ庁政策課学校体育室より、「運動時のマスク着用による身体へのリスクを考慮し、学校の体育の授業におけるマスクの着用は必要ありません・・」との指針が出されました。この指針を受け、本校では、体育の授業やそれに準ずる活動(部活動・校外での活動 等)では「マスクを外して活動する」こととしました。(活動後の手洗い徹底など、感染症対策もしていきます。)子供たちの健康と安全を第一に考えての対応です。御理解ください。
    • 2年生が生活科の授業で学校に隣接する浜松城公園に出かけ、花や虫を見つけてスケッチをしました。また、3年生が理科の授業で校内花壇のホウセンカやヒマワリの葉、キャベツについたモンシロチョウの卵を観察しました。浜松中部学園は市街地にありますが、子供たちの周りには自然がいっぱいです。  
    • 学校再開に向けての第2段階として、今日から全学年が8時登校となりました。「小学生と中学生が一緒に登校する」小中一貫校の本校ならではの風景が戻ってきました。

      今週は、月曜日と火曜日は午前中で下校、水曜日からは持参弁当を食べて午後に下校します。(下校時刻は学年によって違います。)保護者の皆様、ご協力 よろしくお願いします。
       
    • 午後からの中等部の様子です。 1校時の授業に続き、2校時は大体育館で「学校生活・学習オリエンテーション」を実施しました。いよいよ中学校生活が始まる7年生は、真剣な表情で耳を傾けていました。
    • 3日連続の登校日の3日目です。毎日を同じ日課で過ごすことで、生活のリズムが出てきました。
      来週からは 「全学年が8時登校」 となります。 通常の学校生活に、また一歩近づきます。
    • 午後から登校した中等部の様子です。いろいろな教科の授業がスタートしました。
      さすが中学生です!どの教室もピンと張りつめた”授業に集中する雰囲気”ができています。
      音楽の授業では、(3密にならないように)音楽室横のウッドデッキに出て歌声を響かせていました。
    • 3日連続登校日の2日目です。どの学年の子供たちも時間通りに登校できました。
      国語や算数を中心とした授業、運動場や遊具を使っての外遊びなど、いつもの学校の風景が戻ってきました。
    • 緊急事態宣言が解除され、段階的に学校を再開していく第1段階として、3日間続けての登校日がスタートしました。再開にあたっては、教室の窓を開けて「換気」をする、活動の後には「手洗い」をする、同じ物を使用する時には「消毒」をするなど、できるだけの対策を施していきます。

      今日は、新しい教科書やノートを使っての授業、身体測定や聴力検査など、本来ならば4月に行っていた活動をやっと行うことができました。まずは一歩前進です。