2016年1月

  • 子どもの市展

    2016年1月31日
      本日、クリエート浜松で開催されている「子どもの市展」の展示の最終日です。会場には大勢の児童生徒や保護者の方々が訪れて、子供たちの作品を鑑賞していました。

      〈中部中作品〉




      〈賑わう会場・他校の作品〉



    • 節分

      2016年1月31日
        2月3日(水)は「節分」です。節分とは、季節の分かれる日の意味で、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日を指しましたが、今では一般的に立春の前日を指すそうです。春は年のはじまりであり、季節の変わり目には「邪気」が生じるという考え方から、鬼払いなどの儀式が行われるのが一般的になっています。そこで、夜には鬼打ちの豆をまいたり、「柊」の枝に「いわし」の頭をさしたものを戸口にはさんだりして、邪気を払う習慣があります。
      • 校舎建設工事

        2016年1月30日
          今日は、あいにく冷たい雨の降る天気となりましたが、校舎建設の工事は行っています。大きなクレーンが、鉄骨を地中に埋めるような作業をしていました。また、東側の盛土は3分の2ほどがなくなっていました。
          〈クレーン〉

          〈北棟西側〉

          〈東側盛土〉

          〈北棟全景〉
        • バラの花

          2016年1月30日
            今朝は、「4色のバラ」をシンプルに花瓶に生けました。玄関が「」「ピンク」「オレンジ」「」の色合いで華やかになりました。


          • 室内練習

            2016年1月30日
              本日、男女ソフトテニス部は「1年生大会」への出場を予定していましたが、雨天のため延期となりました。そのため、体育館では男子が室内練習をしていました。このあと女子と交代するそうです。なお、大会は来週の土曜日に花川運動公園で開催される予定です。




            • 来週の予定

              2016年1月30日
                来週から2月に入ります。今年度も残すところあと2ヶ月になりました。来週は、私立入試や立志式、新入生説明会など様々な活動や行事が予定されています。
                ・1日(月) 朝会
                ・2日(火) 学年専門委員会
                ・3日(水) 節分
                ・4日(木) 私立高校入試2年立志式
                ・5日(金) 私立高校入試新入生説明会
              • 今日の献立

                2016年1月29日
                  【ソフトめん、牛乳、みそカレーソース、大学いも、大根の浅漬け、ネーブル】
                  今日は「給食週間最終日」です。テーマは「体力アップ献立」です。体を動かすためには、エネルギー源となる「炭水化物」が必要です。今日の献立は、ソフトめんや大学いものさつまいもに炭水化物が多く含まれています。

                • 今日は図書館ボランティアの方の来校日でした。古い本の整理をしていただきました。図書館には新刊コーナーなどが設けられ、窓のデコレーションは冬らしく雪だるまが飾られています。
                  〈本の整理〉



                  〈新刊など〉



                  〈窓〉

                • 校舎建設の様子

                  2016年1月29日
                    早いペースで校舎建設が進んでいます。昨日行われた工程会議(関係者が集まって工事の進捗状況や今後の見通しについて確認するもの)では、2月に入ると体育館棟の建設に着手するとの話がありました。
                    〈擁壁と給食室の間の舗装〉


                    〈北棟中央〉

                    〈小体育館〉

                    〈大型クレーン設置〉
                  • 意見交換会

                    2016年1月29日
                      昨日の昼休みに、生徒会執行部と専門委員長による「意見交換会」を行いました。現状に満足することなく、生徒の手でよりよい中部中を築いてほしいと思います。