2月28日の給食

2011年2月28日
    <本日の献立>
    持参米飯 牛乳 がんもの煮付け きんぴら 白菜スープ
    <今日のひと工夫>
     今日はがんもの煮付けです。がんもどきはもともと精進料理で、肉の代用品として作られたものだそうです。関西では飛竜頭(ひりゅうず)とも呼ばれています。皆さんになじみの呼び方はどちらでしょう。ちなみに私は飛竜頭派です。

    <ひとこと> 
     今日は純和風なメニューでした。がんもは「雁擬き(がんもどき)」の略で、精進料理からきた名前です。仏教では肉食は禁じていますから、「精進料理」として、肉の味に似せた調理法を工夫しています。その中で鳥(雁)肉に似せた料理として考えられた物が「がんも」です。豆腐を絞ってその中に様々な具材を入れ油で揚げてあります。精進料理で有名なのが禅宗の黄檗(おうばく)宗の普茶(ふちゃ)料理です。ごま油で香ばしく揚げた料理が次々と出されますが、梅干しや饅頭まで天ぷらのようになって出てくると…。ウーン