2014年2月

  • 持成XXX

    2014年2月27日
      今週はこれ。いよいよ、「持成」シリーズも残りわずかです。
      花は・・・・牡丹・・・ですかねぇ・・・・
    • 仲良Ⅵ

      2014年2月26日
        延期が続いた「なかよし集会」でしたが、今日行うことができました。
        児童企画委員会を中心とした最後のイベントでしたが、なかよし班で楽しく活動できた様子でした。
        様々なところで心は耕され、子どもたちの思いやりの心は大きく育ったことが伺われました。
        退場時に6年生が1年生の手を引いて校舎に向かっている様子では、1年生は6年生に甘え、まとわりつき、それを6年生は余裕綽々で相手をしていると、実にほほえましい光景が見られました。
        来年度は、このなかよし班によって、さらに思いやりの心を培おうと計画立てています。
        今日の遊びの名前は「先生ビンゴ」。どんな活動だったのか、御家庭で話題にしてみてください。
      • 送会1

        2014年2月24日
          いよいよ、6年生を送る会が近づいてきました。5年生を中心として、毎日準備を進めています。今日は1~5年生がそろって体育館で歌の練習をし、体育館の飾り付けも行いました。感謝の気持ちを込めて皆が6年生のために動いています。
        • 挨拶

          2014年2月21日
            「今月は僕たち2年生が挨拶当番です。」
            昼の放送で、2年生が進んで挨拶ができるよう、全校に呼び掛けていました。朝、登校してくるみんなに「おはようございます!!」と声を掛けたり、こうして挨拶の呼びかけをしたりすることは、きっと子どもたちの心の中にも「挨拶は大事なんだ」という思いがしみてくると思っています。「自分から動き働きかけること」は、確かな力を養うために大切な要素です。頑張る2年生の心は大きく耕されていきます。
          • 持成XXVIIII

            2014年2月18日
              今週はこれ。チューリップ、桃の花・・・・春ですねぇ。
            • 初食

              2014年2月17日
                 有玉幼稚園の園児たちが給食体験にやってきました。5・6年生の教室での食事です。大きな机での食事や配膳、何から何まで初めてのことばかりですが、5・6年生のサポートで一生懸命に体験をしていました。初めて食べる給食「全部食べれた!」「ちょっぴり残しちゃった・・・」と様々でしたが、「おいしかったよ」と多くの園児たちが話してくれました。初体験、「成功」とといったところでしょうね。
              • 持成XXVIII

                2014年2月14日
                  今週はこれ。春が近づき、明るい色でのアレンジメント。気持ちが明るくなります。
                • 持成XXVII

                  2014年2月6日
                    今週はこれ。小さな菊の花にふんわりとしたやさしい感じを受けるアレンジメントです。
                  • 収束

                    2014年2月5日
                      心配をお掛けした感染性胃腸炎、流行の兆しを見せていたインフルエンザ。現在では少しずつ収まってきています。
                      子どもたちは普段通りの生活に戻り、落ち着いた様子で学習に取り組んでいます。
                      やはり健康第一。元気に登校できることが一番安心できることなのだなと、改めて思いました。
                      まだまだ、寒さは続き、インフルエンザの流行は心配されます。手洗いうがいは入念に。子どもたちが、元気に過ごせるよう支援していきたいと思います。
                    • 競争

                      2014年2月2日
                         
                        2F理科室と放送室の間になにやらたくさんの数字を書き記したホワイトボードが置いてあります。
                        来る「ながなわ大会」での練習で現在自分たちの学級がどのくらい跳べているのか、記録するためのボードです。
                        休み時間には子どもたちが集まって、「お、このクラスすごいね・・・」「もっと跳ばないと勝てないじゃん!」と子どもたちに新たなやる気を高めてくれるものとなっています。競争させることは時として子どもたちの能力を最大限に発揮させるよい機会となります。ながなわ大会の目標を十分に達成させると共に、仲間と協力して一つの目標に向かって努力することの大切さも学べるものとなるよう支援したいと思います。ここでも心の耕しが成されます。