2013年4月

  • 参観

    2013年4月27日
      今年度初参観会。
      どのクラスの子どもたちも適度な緊張感に包まれながらの授業となりました。
      保護者の皆様と担任との初対面の場ともなるわけですので、担任もちょっと緊張気味のようでした。
      子どものよき成長のために家庭と学校の気持ちを通じ合わせていけるよいスタートが切れたように思います。
      顔を合わせて言葉を掛け合い、気持ちが通じ合っていきます。今度は家庭訪問です。よろしくお願いします。
      たくさんのご参観、ありがとうございました。


    • 挨拶

      2013年4月26日
        今日は正門近くでヘビ丸とともに児童企画委員会があいさつ運動を行っていました。
        登校してくる子たちはヘビ丸の様子に気がつくとちょっと照れくさそうに、それでもにこにこしながら挨拶をして走り抜けていきます。子どものちょっとした工夫が明るい雰囲気を作り出してくれています。学校生活の中で6年生が自分たちの学校をよくしていこうとする前向きな姿勢が見られることはうれしいことです。

      • 花壇

        2013年4月25日
          とてもきれいな花壇です。季節に合わせた色とりどりの花を使って学校を飾ってくれているのは、地域にお住まいの高林さんのお力によるものです。
          子どもたちのためにボランティアで花壇をきれいにしてくれています。見ていると心が和みます。花壇の周りにいた子どもたちも「この花壇、黄色がたくさんあってきれいだね。」とか
          「白がいっぱいあるのもきれいだよ。」と話していました。
          心休まる空間です。(夢をはぐくむ学校づくり推進事業にて)

        • 善行

          2013年4月24日
            水曜日の朝の活動は読書です。
            今、1年生のために6年生が「読み聞かせ」ボランティアを行ってくれています。
            読む速さ、絵本の内容、見せる位置など様々なところに気遣って読み聞かせてました。
            1年生は6年生の読む声に耳をそばだて、絵本に見入っていました。
            ここでも思いやりや認め合いの心が育っていることを感じます。


          • 清掃

            2013年4月23日
              清掃は毎日行っていますが、時間は10分間。集中して取り組みます。短時間ではありますが、清掃の習慣化を図り、身の回りをきれいに整頓することは当たり前という気持ちを育てていくことへつなげたいと支援しています。現在は学級清掃ですが、6月からは縦割り清掃になります。


            • 食育Ⅱ

              2013年4月22日


                ただいまボランティア「さやえんどう筋取り隊」が家庭科室で大活躍しています。
                子どもたちが自分たちの食べる給食の食材の下ごしらえします。
                「なかなか、うまくとれないな」「見て見て!こーんなにとれたよ」
                と、とても楽しそうにお手伝いができています。
                自分が下ごしらえをしたものをいただくこともうれしいものです。
                また、気持ちよくお手伝いをしてくれることはうれしくも有り難くも感じます。
                明日も行います。


              • 食育

                2013年4月19日

                  「今日の献立に入ってるのものはね・・・」とパウチされた食材イラストを子どもに見せて、
                  食に関する興味を高めてくれる栄養士さん。
                  給食があるときはいつも、すべてのクラスを回って子どもたちの食事の様子を見てくださいます。
                  有玉小の給食では、どのクラスもいつでも完食に近い状態です。
                  それも何でも好き嫌いなく食べ物を食べようとする子どもたちの気持ちと
                  「おいしくなーれ」と気持ちを込めて給食を作ってくれる給食員さんと
                  子どもたちのことをよく理解している栄養士さんの心が
                  うまくかみ合っているからなのでしょう。
                • みるところⅡ

                  2013年4月18日
                    早朝の駐車場。アスファルトの亀裂の隙間から、40cm程の細長い植物を見つけました。
                    小さな蘭のような形の紫色の花を付けています。小さな花であるため、よくよくこちらが見ないと気付けないかもしれません。






                    名前を「マツバウンラン」といいます。春に見られる美しい花をもつ植物です。
                    よく見ることで、目立たないところにも、すてきなものがあることに気付けますね。
                  • 継承

                    2013年4月17日
                      今日は「1年生を迎える会」がありました。
                      有玉小では、このときいつも「有玉の伝説」を劇にして、
                      1年生に「有玉」の地名の由来を伝えます。
                      地域を知ることは、地域を大切に思う気持ち、地域を愛する気持ちへと発展します。
                      今年の1年生もやがて、ここで「有玉の伝説」を伝える6年生になっていきます。
                      文化は絶えることなく継承されていきます。大切なことです。
                    • みるところ

                      2013年4月16日

                        正門をくぐると、すぐ正面にすばらしい記念モニュメントがあります。
                        その裏で一際きれいに咲き誇っている「ツツジ」を見つけました。
                        正面からはなかなか見られませんが、ちょっと視る位置を変えるとすばらしいものに出会えます。
                        本当に暖かくなりました。いい季節です。