2014年2月

  • 5校時、4年1組の教室をのぞくと、図工のゆめいろランプづくりの学習をしていました。いろいろな色のカラーセロハンを星や花など自分の好きな形に切ってランプの回りにつけていました。ランプを光らせてながめていたり、友達と互いのランプを見合ったりする姿が見られました。M君は好きな黄色や金色のセロハンを飾り付け、きれいに光っている様子をながめていました。
  • 6年生を送る会

    2014年2月27日
      3校時、「6年生を送る会」が行われました。会のスローガンは、「6年生 楽しい思い出ありがとう 夢に向かって はばたいて」でした。
       5年生が中心になって会を進めました。堂々とした進行ぶりで感心しました。また、どの学年の出し物も工夫されていて、6年生も大変喜んでいました。6年生に感謝の気持ちが伝わったことと思います。会の中では、6年生から5年生へ委員会の引き継ぎ式も行われ、いよいよ5年生にバトンタッチという感じです。
      5年生の劇
      船長の命令ゲームで楽しむ6年生
      委員会の引き継ぎ式
    • 4校時、5年3組の家庭科の学習で、りんごの皮むきを行いました。家でたくさん練習してきた子は、慣れた手つきで速くむくことができました。上手にできた3人は、みんなの前で皮むきをしてもらいました。見ている子どもたちからは、「速い。」「すごくうすくむけてる。」という声が聞かれました。
    • 5年1組では、理科「さぐろう もののとけ方のなぞ」の発展学習として、ミョウバンの結晶作りやべっこうあめ作りを行いました。ミョウバンの結晶作りの講師は、理科支援員の宮地先生です。ミョウバンをお湯に溶かし、水溶液の温度を下げると、溶けきれなくなってたくさんのミョウバンが出てきます。そのことを利用して結晶を作りました。結晶に思い思いの色を付けるのも子どもたちには楽しかったようです。これから1週間ほどかけて結晶を大きくしていきます。それもまた楽しみです。

    • 初村先生合唱指導

      2014年2月24日
        6校時、初村則子先生が、6年生の合唱指導をしてくださいました。6年生は「6年生を送る会」「卒業式」に「ぜんぶ忘れない」という曲を歌います。今日は、初村先生が肺の模型を提示しながら、横隔膜の動きを意識したブレスの練習の仕方を教えてくださいました。子どもたちは、教えていただきたことを忠実に守って練習していました。後半は、「ぜんぶ忘れない」の歌詞の中で一番好きなところを一人一人発表しました。歌詞の言葉の意味を考えながら、歌おうをしているのがよく分かりました。
      • 参観会・懇談会

        2014年2月21日
          本年度最後の参観会・懇談会が行われました。
           参観会では、4年は二分の一成人式を行いました。一人一人が、「20歳の自分へ~10歳の決意~」を発表しました。自分の将来の夢を堂々と発表する姿が見られました。また、担任がつくったスライド「入学してから」を見て、4年間を振り返ったり、おうちの方への感謝の気持ちを表した歌「ありがとうの輪」を合唱したりしました。
           6年生は国語科「今、私は、ぼくは」の学習で、今までを振り返って現在思うことや将来に向けて思うことを発表しました。子どもたち一人一人が自分の思いをしっかりもっていることを感じるとともに、6年間の成長を感じました。
           1・2年生も「できるようになったこと」を発表しました。1年生も2年生も原稿を見ずにはきはきと発表できていました。
           3年生は、国語・算数・理科の授業を公開しました。どの子も集中して学習している様子が見られました。
           5年生は学年全体でソフトバレーボールの試合をしました。チームの友達と励まし合う声が聞かれました。
           あおい学級の3学級では、1年間を振り返る学習、命の誕生のことを知る学習、算数の分数の計算などを行いました。みんな真剣に頑張っていました。
           参観会・懇談会に多くの保護者の皆様にご参加いただきました。ありがとうございました。


        • 朝、あおい学級で校長先生が本の読み聞かせをされました。
           図書担当主催で「本読もキャンペーン」が行われ、キャンペーン中に学級の子ども全員が図書室の本を2冊以上借りた学級が7学級ありました。その学級にごほうびとして、校長先生が読み聞かせをしてくださいます。あおい学級も全員2冊以上借りることを達成した学級の一つです。校長先生が今回選んだ絵本は「いつもいっしょに」でした。子どもたちは、話に引き込まれ、ぐっと前のめりになって聞いている姿が見られました。
           2月24日(月)には、1-1、25日(火)には1-2、3月3日(月)には3-1、4日(火)には3-3、6日(木)には6-1、11日(火)には1-3で校長先生が読み聞かせをしてくださる予定です。
        • 5校時、6年生を対象に「放射線等に関する出前授業」が行われました。講師は、静岡大学放射科学研究施設の奥野健二教授です。
          奥野先生から、身の回りには、放射線を出すもの(放射性物質)があり、ほうれん草やふきなどの食べ物もあり、体の中にもあることを教えていただきました。また、放射線には、ものを通り抜ける力(透過力)があり、その力を病院(レントゲン)や花の品種改良などに利用していることも教えていただきました。
           放射線は人から人にうつることは絶対にないということも説明していただきました。お話をうかがい、正しい知識をきちんと身に付けることの大切さを感じました。
           最後に「霧箱」の中で、放射線が飛行機雲のようにすっと流れて消える様子を見て、実際に身の回りに存在することを実感しました。
          静岡大学 奥野教授
          霧箱の中をのぞいている様子
        • 国際理解集会

          2014年2月18日
            今週は国際理解集会です。今朝は、全校児童が体育館に集まって、国際理解集会を行いました。6年生の代表のダンスチームが英語の歌に合わせて体を動かす見本を見せてくれました。そして、全校児童でそれを一緒に行い、体を温めました。次に6年生のブラジル人児童が、ブラジル式じゃんけんをみんなに教えてくれました。それも全校児童で行って楽しみました。最後に、総合的な学習で国際理解をテーマに取り組んできた6年生の代表が、1年間の学習で学んだことを発表しました。「互いに違いを認め合い、共に力を合わせて生活していきましょう」というメッセージが全校児童みんなに伝わりました。


          • 4校時、3年2組の教室をのぞくと算数「かけ算の筆算」の授業をしていました。今日は、3けた×2けたに取り組んでいました。答えの位が多くので、途中で間違えないように位を揃えて筆算を書くよう気を付けていました。先生から出されたスペシャル問題を解こうとどの子も意欲的に取り組んでいました。