2013年11月

  • 学習発表会

    2013年11月30日
      学習発表会が行われました。午前中は、児童の部ということで、子ども同士で発表を見合いました。午後は、保護者や地域の方々に見ていただきました。
      国語科、生活科、社会科、算数科、音楽科、総合、外国語活動などの時間に学習してきたことを発表しました。どの学年もまとまっていて、すばらしい発表でした。地域の方から「質の高い発表でしたね。」とお褒めの言葉をいただきました。学習発表会に向けて取り組んできたことや当日頑張ったことなどを通して、子どもたち同士また、子どもたちと先生方、先生方同士のまとまりが一層強くなったと思います。
       ご参観いただいた方々、ありがとうございました。
       始めの言葉(企画委員)
       1年発表
       3年発表
      5年発表
       金管バンド部演奏
       2年発表
       4年発表
       6年発表
    • 学習発表会前日練習

      2013年11月29日
        明日は学習発表会本番ということで、本番と同じ学年順1年→3年→5年→2年→4年→6年で練習しました。放課後は金管バンド部が練習をしたり、職員で掃除や飾り付けをしたりしました。
          どの学年の発表も工夫されていて見ごたえがあります。明日は、ぜひ子どもたちの輝く姿をご覧ください。お楽しみに!
      • 放課後、ミニ講座が行われました。今回の講師は佐野先生。5日間の中央研修で学んだことを伝えてもらいました。テーマは「キャリア教育講座で学んだこと」。
        佐野先生から、子どもたちの現状として、将来就きたい仕事についてのアンケートで、小学生、中学生、高校生と見ていくと、上にいくほど「わからない」と回答した子どもが多くなっていること、大学卒業後の進路を考え始める時期が遅い(目的意識がなく、とりあえず大学へいこうと考える子どもが多い)、平成21年高卒者全体の3年後の離職率が35.7%もあることなどがあげられました。また、大学生、就職者の悩みを見ると「対人関係」が多く、小学校低学年から、「コミュニケーション能力」の育成が大事であることを説明してくれました。
         佐野先生の話を聞き、目先のことに目が向きがちですが、子どもの将来を考えて教育にあたっていかなくてはいけないと改めて思いました。
      • 今回の全体研修では、実践の省察を行いました。先生方一人一人が自分のテーマを決め、そのテーマに沿って1・2学期実践したきたことをまとめました。今日は、7つのグループに分かれ、先生方の「実践の省察」を読んで、もっと知りたいことについて聞き合いました。
         自分の実践を振り返るとともに、他の先生方の実践を知り、今後の自分の指導に取り入れてみたいことを見付けたり、新たな目標を持ったりすることができました。

      • 3校時、幼保小連携ということで、1年生の学習発表会での発表を追分幼稚園と葵ヶ丘保育園の園児が見に来ました。1年生の子どもたちは、張り切って発表し、お兄さん、お姉さんらしい姿を見せました。後半は、葵ヶ丘保育園の先生が主になって「手遊び歌」を教えてくれて、みんなで一緒に遊びました。また、追分幼稚園の子どもたちが歌を歌ってくれたり、1年生が校歌を披露したりしました。
         昼休みには、全校合唱の練習がありました。今月、毎朝歌っている「はじめの一歩」を声を合わせて歌いました。


      • 学習発表会の練習

        2013年11月25日
          5校時、2年生が学習発表会の練習をしました。「みんな なかよし」というテーマで、国語科で学習した「スイミー」の音読劇を行います。広い海の中のいろいろな生き物が登場したり、みんなでバンブーダンスをしたりして楽しい音読劇になっています。本番をお楽しみに!
        •   このたび、PTAの広報部のみなさんがPTA新聞・広報誌作品展に、本校のPTA広報誌「葵が丘」を出品したところ見事アイディア賞を受賞しました。
           喜びの受賞を、広報部のみなさんが校長先生に報告してくださいました。


              -表彰式当日の様子-


              -校長先生と歓談ー


              ー賞状と副賞の盾を手にー
        • 3・4校時 6年2組の理科「さぐろう!水よう液のなぞ」の学習で、炭酸水に溶けている気体が二酸化炭素であることを証明する実験を行いました。
          まず、炭酸水を温めたり、振ったりして出てきた泡を水上置換で集めました。そして、その泡を3つの方法で調べました。
          ①石灰水を入れる→白く濁るはず
          ②気体検知管で調べる→二酸化炭素の濃度が0.03%以上(空気中の濃度以上)になるはず
          ③ろうそくの火を入れるとすぐ消えるはず
           実験結果から、炭酸水に溶けているのは二酸化炭素だと証明できました。
          その他、気体が溶けている水よう液として、アンモニア水、塩酸を紹介しました。どちらもすごいきつい臭いで、子どもたちは顔をしかめていました。

        • 2・3校時 あおい学級の子どもたちは、生活単元で、コンビニで買い物をし、その後、葵西いちょう公園に行きました。コンビニでは、100円以内でお菓子を買いました。全員がお金をしっかり払って買い物をすることができました。公園では、どんぐりを拾ったり、学校にはない遊具で遊んだりして楽しみました。


        • 持久走練習

          2013年11月19日
            今日から全校で持久走の練習が始まりました。20分休みに全校児童みんなが運動場に出て、走っています。「5分間歩かず自分のペースで走る」ことがねらいです。走り終わった後、「6周走りました。」「10周走りました。」と言って、走った運動場の周数を言い合う姿が見られました。
             12月10日(火)の持久走大会に向けて、練習を積み重ねていきます!