2013年

  • 終業式

    2013年12月20日
      今日は、式の前に1年生が詩の群読を全校児童の前で披露してくれました。声と心を合わせた、すばらしい群読でした。
       その後、2学期終業式がありました。まず、2・4・6年の代表児童が2学期頑張ったことを発表しました。3人とも堂々と発表することができて、大変立派でした。
       次に校長先生のお話がありました。本気になって取り組む姿、全力で取り組む姿、授業中、先生の話を真剣に聞いて輝いている目など輝く姿がたくさん見られ、周りの人たちにたくさんの感動を与えてくれた、葵が丘小の葵っ子宣言は、他の小学校にはない自慢であり,誇りとなるものいじめ、思いやりのない言葉や行動は許さない、葵っ子宣言の誓いどおりに、強い心と思いやりの気持ちをもって、自分を磨き、もっと輝く人になってほしいというお話をしてくださいました。また、冬休みには、家族の一員として、家族に喜んでもらえることを一つ実践しましょうという話もありました。


       2学期間、ご協力ありがとうございました。
       3学期は、1月7日(火)からです。子どもたちの元気な顔に出会えるのを楽しみにしています。
    • 6年2組では、理科「さぐろう!水よう液のなぞ」の単元のまとめとして、正体の分からない、無色透明の5つの水溶液を区別する学習をしました。前時にA、B、C、D、E5つの水よう液は、塩酸、炭酸水、食塩水、アンモニア水、水酸化ナトリウム水溶液のどれかであることを伝えておきました。子どもたちは、今までに習ったことを生かして、人一人、実験チャートをかきました。今日は、その実験チャートをもとに、実験し、5つの水よう液を判別しました。臭いを嗅いだり、湯につけて振ったりする子、リトマス試験紙やpH試験紙などの指示薬で調べる子、金属を入れて反応を見る子などいろいろな方法で調べていました。そして、見事全員が、5つの水よう液を判別することができました。
    • 持久走大会

      2013年12月17日
        延期になった持久走大会が行われました。風もなく、それほど寒くもなく、持久走大会を行うには絶好の日となりました。日頃の練習の成果を発揮し、どの子も一生懸命走る姿が見られました。中には、悔し涙を流している子もいました。
         保護者ボランティアさんのおかげで、事故なく、大きなけがなく無事行うことができました。ありがとうございました。また、多くの保護者のみなさんが子どもたちの頑張る姿を参観し、声援を送ってくださいました。ありがとうございました。


      •  静岡大学の丹沢哲郎先生をお招きして、6年理科「水溶液の性質」の研究授業を教務主任の谷野教諭が行いました。鉄とアルミニウムを塩酸に溶かした液から出てきた物質がもとの金属とは違うものであることを子どもたちは実験を通し、実感を持って理解することができました。

        <鉄を溶かした溶液か出てきたものの感触は?>


        <溶かした液から出てきたものは、鉄だろうか?別のものだろうか?実験で調べてみよう!>


        <一人一人が自分の器具で調べてみよう!>


        <アルミニウムは、先生と一緒に確認しよう!>








      • 1・2校時、2年1組は、生活科「みんなで行こうよ つかおうよ」の学習で、北図書館に行ってきました。北図書館の館長さんや司書の方が、図書館の使い方を教えてくださいました。図書館にある本の分類番号も紹介してくださいました。お話を聞いた後、「子どもの本」のコーナーにある本を閲覧させてもらいました。「冬休みにも来たいな。」という子がいました。

      •  今日は、久しぶりの強い雨で、運動場に水たまりができました。せっかく、練習を積み重ねてきた持久走大会も、来週の火曜日に延期になりました。
         長靴で、登校する子もたくさんいました。下校のころには、桜の葉も北風にすっかり吹き飛ばされ、つんととがった枝が、青空の中でヒューヒュー音を立ててゆれていました。






         緑のカーテンの冬支度も終わりました。来年も、パッションフルーツが大きな葉を茂らせてくれるよう根元をビニールのトンネルで覆いました。つるを払うとき収穫した実は、温かい場所で完熟させ、5年生の子どもたちが味わう予定です。







         玄関の水槽も、今年最後の清掃が終わり、魚たちも静かな冬越しのときを迎えました。


      • 学校保健委員会

        2013年12月9日
          5校時、学校保健委員会が行われ、6年生が参加しました。講師にNPO法人浜松市カウンセリングセンター 荒井 千鶴子 先生をお招きして、「さわやかコミュニケーション~自分も相手も大切に~」についてお話ししていただきました。
           ロールプレイを通して、さわやかな態度で接するための言葉がけを学びました。
          みんな真剣に話を聞いていました。自分も相手も大切にできるように、思いやりを持って接してほしいと思います。

        • 1年生活科の学習で、アサガオリースの飾り付けをしました。ボランティアのお母さんたちに手伝ってもらいながら、リボンやモール、まつぼっくり、どんぐりなどをリースに付けました。子どもたちは「茶色一色だったリースが、とてもきれいな色になってうれしい。」と喜んでいました。

        • 歯科健康教室

          2013年12月5日
            3校時、4年を対象に歯科健康教室がありました。静岡県歯科衛生士会の3名の歯科衛生士さんから、歯の磨き方、むし歯のできる仕組みなどを教わりました。歯の染め出しを行い、磨き残しの多いところや磨きにくいところを知りました。みんな、興味深く話を聞いていました。教えていただいたことを生かして、歯磨きができるといいと思います。

          • 4校時、5年3組家庭科「わくわくミシン」の学習では、ランチョンマットづくりが始まりました。それまで、ミシンの使い方を習い、試し布にミシンで直線縫いを練習してきました。今日から、自分のランチョンマットをつくるということで、子どもたちも失敗しないように慎重になっていました。今日は、布にチャコペンシルで縫うところにしるしを付けました。中には、ミシンで縫うところに入った子もいます。次回は、全員がミシン縫いに入ると思います。みんな思い通りに出来上がるといいなと思います。