2012年12月

  • 研修ミニ講座の実施

    2012年12月21日
       「夢をはぐくむ学校づくり推進事業」 の一環として、研修ミニ講座「先輩教師の知恵と技を後輩教師に」を実施しました。








       今日は、原山教諭が講師となり、「学級経営 わたしはここにこだわる」をテーマに、講座が開かれました。
      教職の半分は、高学年の担当だった経験から導かれた話は、事例の一つ一つに子どもを育てる上での貴重なきらめきがありました。今日は、若手だけでなく、中堅やベテラン職員も目を輝かせて参加し、教師の仕事のやりがいを改めて感じ合うことができました。
    • 2学期 終業式

      2012年12月21日
        本日、2学期の終業式が執り行われました。始めに児童代表による2学期頑張ったことの発表、そして校長先生よりお話、校歌斉唱、受賞者表彰、最後に生活の先生よりお話がありました。
        校長先生のお話は葵っ子宣言と冬休みの過ごし方についてでした。まず葵っ子宣言の事では、写真の3つの数字を提示されました。「学校生活についてのアンケート」の児童の結果で、葵っ子宣言を守れた子の割合です。葵っ子宣言を自覚する思いの高さが表れています。でも、保護者アンケートの結果は児童よりも低く、ズレがありました。もう一度自分を見直し、学校でも家庭でもできるようにしていきましょう、というお話でした。次に冬休みの事では、校長先生から3つのお願いがありました。「挨拶をする」「お手伝いをする」「新年の決意をもつ」です。ご家庭でも声掛けをして頂き、よい新年を迎えてほしいと思います。
      • お知らせ

        2012年12月20日
           SBSラジオ「大切なあなたへ Message For You」に応募した子の中で6年生のNさんのメッセージが最終選考作品に選ばれました。
          そして、12月23日(日)13:00~16:00 SBSラジオ公開生放送で紹介されることとなりました。Nさんは担任の先生へメッセージを書いたようです。ぜひ、聴いてください。
        • 紙版画

          2012年12月19日
            3年1組では、3・4校時の図工で、紙版画を行いました。「はんで広げたゆめ」という単元で、自分の夢や想像したことなどを紙で表現し、今日は、作品を刷っていました。黒インクを付けたローラーを転がして紙に黒インクをしっかりと乗せている子、うまく刷れているか、何度も確かめながら紙をバレンでこすっている子・・Rさんは、ヒップホップを習っているということで、ダンスをしている様子を表しました。Tさんは、本で見たテントウムシが気に入って、それを表現しました。

          • 一輪車のリサイクル

            2012年12月18日
              家庭にある一輪車で、学校に寄付できるものを募集したところ、5台集まりました。ありがとうございました。これから、いただいた一輪車を活用させていただきます。
            •  16日の日曜日に、姫まつ倶楽部主催の「姫街道の松並木お掃除ボランティア」が行われました。3年生から12名、6年生1名、2年生1名の合わせて、14名の子どもたちがこのボランティア活動に参加してくれました。地域の一員として役に立てたことを誇りに感じ、今後も活動を継続させたり、広めたりしてくれることを期待しています。一緒に参加してくださった保護者の皆様、御協力ありがとうございました。
                
            • 今日はALTロドニー先生がみえました。子どもたちは、ブラックボックスクイズ、3ヒントクイズ、キーワードゲーム、ジャスチャーゲームと様々なゲームを通して、「What's this?」「It's ~.」の英語表現を繰り返し聞いたり、発音したりしていました。また、クイズやゲームを楽しむ中で、「umbrella」「brush」「santa cap」「key」「fork」などの英単語もすらすらと発音できていました。ロドニー先生ののりのよさに子どもたちも担任の先生も自然に引き込まれ、夢中になって活動していました。
               ロドニー先生は給食も5年生と一緒に食べ、いろいろな話をしてくれました。陽気でとても楽しい先生でした。

            •  12月13日(木)に2年2組が、生活科「図書館に行こう」の学習で、北図書館に行ってきました。
              学級単位での訪問は、話がよりしっかり詳しく聞け、たくさん質問ができるため、質の高い体験ができています。

               図書館の仕事、本の分類の仕方、実際に本を分類を考えて探す体験、質問など充実した時間を過ごすことができました。
              お家に帰って、楽しかった内容を話す子も多いようです。

               冬休みに是非、地域の図書館を利用していただけたら、うれしいです。


            • 法教育講座

              2012年12月13日
                2~4校時、6年生の各教室で法教育講座が行われました。講師は、静岡地方検察庁の方です。検察官の仕事や裁判員裁判などについて教えていただきました。また、電車の中での傷害事件を例に挙げ、刑事事件について学級みんなで考えました。検察庁の方が被疑者役になり、子どもたちの中から検察官、弁護士、裁判官役の子が出てきて劇を行うことで、裁判の様子について子どもたち一人一人がイメージを持ちました。その後、自分だったら、その被疑者を有罪にするか、無罪にするか、そのように決めた理由は何かについて話し合いました。子どもたちは、被害者、被疑者、それぞれの立場に立って判決を真剣に考えていました。子どもたちにとって、貴重な体験となりました。
              •  12月11日(火)に2年1組、12月12日(水)に2年3組が、生活科「図書館に行こう」の学習で、地域の北図書館に行ってきました。

                 北図書館では、職員の方が、本の分類の仕方や図書館の仕事内容について詳しく教えてくれました。

                 子どもたちは、国語科の「図書館たんていだん」の学習を生かしながら、真剣に話を聞くことができました。
                また、分類ごとの本をグループで探す活動も楽しく意欲的に取り組んでいました。

                 最後は、子どもたちが質問したことに答えてもらう時間もあり、充実した時間を過ごすことができました。
                北図書館には、8万冊の本があることに驚いたり、本を探す機械があることを知ったり、子どもたちにとって図書館がより身近な場所になったように
                思います。

                 「今度は、家族で行ってみたいな。」「お家の人に連れてきてもらって、図書館のお勧めのリストをもらってみたい。」など、図書館利用の幅が広がりそうです。
                1組の様子



                3組の様子